マウントフェーバーパーク(シンガポール)

マウントフェーバーのマーライオン像

シンガポール セントーサ島の北側に面する丘、マウントフェーバー(Mount Faber)。マーライオン像もあるマウントフェーバーパークのトレイルコースを歩いてみました。

マウントフェーバーパーク(Mount Faber Park)

マウントフェーバー(Mount Faber)はシンガポール本島の南端にある高さ105mの小高い丘です。シンガポール本島で2番目に高い場所でもあります。頂上付近にはセントーサ島へ続くケーブルカーMount Faber Lineの始発駅「Mount Faber Station」やシンガポール政府観光局公認の小さなマーライオン像があります。

マウントフェーバーパークのマップ

南側のVivo City側から頂上まで続くトレイルコースMarang Trail。MRTハーバーフロント駅D出口付近にある緑道入り口がトレイルのスタート地点。まずはパークマップをチェック。

マウントフェーバーパークの地図

マウントフェーバーパークのマップ(※クリックで拡大します)

主な展望ポイントは東側のマリーナデッキ展望台(Marina Deck)と西側のフェーバーポイント(Faber Point)。フェーバーポイントに小さなマーライオン像があります。今回は緑道を抜けてから東のマリーナデッキ展望台→西のフェーバーポイント(マーライオン像)→中央のケーブルカーの駅マウントフェーバーステーションというルートで進みます。

バマ停、フェーバーボインと(笑 クスリと笑える誤字に親近感を抱きます。

トレイルコース(Marang Trail)

鬱蒼とした緑のアーチを抜けると階段が見えてきます。椰子の樹々やヘリコニアなどの植物を鑑賞しながらゆっくりと歩を進めましょう。

マウントフェーバーのヘリコリア

Vivo City側のスタート地点から階段を上り約20分で頂上付近に到着です。オレンジ色の瓦屋根が目印の四阿はマウントフェーバーの随所にある休憩所です。また望遠鏡が設置されており、無料で利用できます。

マリーナデッキ展望台

マウントフェーバー マリーナデッキ展望台

マウントフェーバーの東にあるマリーナデッキ展望台。船に見立てた形状のウッドデッキが東に続いており、南東方向の眺望が楽しめます。

奥にはユニバーサルスタジオシンガポールのローラーコースター、手前にはクレーンダンスの会場が見えます。

中央には「セントーサマーライオン」右手に見えるタワーは「タイガースカイタワー」す。

北東の方角にはマリーナベイ周辺の高層ビルを望む。マリーナベイサンズが見えないため一見どこがどこだか…ですが、マリーナベイ北側の高級ホテル群の一角にあるミレニアタワー(Millenia Tower、屋根が寄棟のような形状になっている高層ビル)やシティホールにあるスイソテルザスタンフォードなどの建物を覚えておくと立地関係を把握できます。

マウントフェーバーからハーバーフロントまで続くケーブルカー。

フェーバーポイント(マーライオン像)

シンガポール フェーバーポイント

マウントフェーバーパークのマーライオン像

西側のフェーバーポイントへ移動。高さ3mのマーライオン像がポツリと鎮座しています。セントーサマーライオン、マリーナベイのマーライオンに次ぐサイズです。

フェーバーポイントの下にはシンガポール誕生伝説をはじめとしたシンガポールの歴史を表現した壁面アートがぐるりと一周描かれています。

マウントフェーバーの行き方・アクセス

シンガポール ハーバーフロント駅 D出口

マウントフェーバーはMRT Circle Line・North East Lineのハーバーフロント駅(Harbour Front)D出口が最寄り駅です。ハーバーフロント駅前はサンテックシティやマリーナベイサンズ方面からも路線バスが多く乗り入れているので路線バスでのアクセスも便利です。

ハーバーフロント駅からマウントフェーバー 地図

ハーバーフロント駅とマウントフェーバーのマップ(※クリックで拡大します)

マウントフェーバーの基本情報

住所 Telok Blangah Rd, Singapore 099448
電話番号 +65 6377 9688

まとめ

トレイルコースは階段の段数もそれ程多くなく、今回の行程の所要時間は約1時間。高木に囲まれていて直射日光が当たる時間も少ないのでそこまで暑くもないです。

現地での日数が短い場合、限られた旅程の中にわざわざ組み込むほどのものではないと思いますが、時間に余裕があったり、シンガポールのマーライオン像コンプリートをしたい方にはオススメのスポットです。日本で販売されている観光ガイドブックには詳しく掲載されていないのでしょう、日本人観光客は1人も見かけませんでした。

ケーブルカー フェーバーピーク駅

マウントフェーバーからセントーサ島までシンガポールケーブルカーで訪れた際の模様は「シンガポール セントーサ島のケーブルカー」の記事にて詳しく書いております。

マウントフェーバーを抜けてさらにつづく森林浴のウォーキングコースについては「サザンリッジ 森林浴のウォーキングコースをゆく」を、シンガポールのマーライオンコンプリートについては「シンガポール マーライオンの歴史 全7体コンプリート・マップ」をどうぞ。

セントーサ島 ケーブルカー
シンガポール セントーサ島のケーブルカー
シンガポール マーライオンの歴史 全7体コンプリート・マップ