タイガービール工場見学|Tiger Brewery Tour

シンガポールだけでなく東南アジアを代表するビール、タイガービール(Tiger Beer)。タイガービールを製造するアジアパシフィックブリュワリーの工場がシンガポール西部にあり、工場見学&ビール飲み放題のツアーを開催しています。

スポンサーリンク

タイガーブリュワリーツアー Tiger Brewery Tour

タイガービール工場

シンガポールに限らず、マレーシアやベトナム、タイなど東南アジアで広く普及しているタイガービール。個人的には日本のビールが最も好みですが、タイガービールはシンガポール含む東南アジア諸国の旅行中に愛飲するビールです。

タイガービールを中心に、アンカー、ABC Stout、バロンズなどの銘柄を醸造するアジアパシフィックブリュワリー。シンガポール西部のトゥアスに工場があり、タイガーブリュワリーツアー(Tiger Brewery Tour)を開催しています。

ツアーは「工場見学(45分)」と「飲み放題(45分))」の計1時間30分。以前は平日のみでしたが現在は土曜日も開催しています。ご予約はタイガーブリュワリーツアーの公式サイトからどうぞ。

tigerbrewerytour.com.sg/

平日の14時ということもあり、予約者はわたしを含めて5人しかいません。天気はあいにくの雨。というよりも雨だったので他に行く気も起きず、当日急遽オンラインで予約を入れました。

タイガービール工場見学ツアーのチケット料金・入場料

Adult S$18
Children S$12

タイガービール工場見学ツアーの料金は大人S$18、子供S$12。

工場見学

タイガービール工場見学

まずはタイガービールの歩んだ歴史やタイガービール工場にて醸造されるビール、受賞歴をモニターやショーケースを見ながら説明を受ける。

最初の醸造所は現在のサザンリッジの北側、Alexandra Roadにあった

タイガービールは1932年に誕生し、現在はアジアを始めとしてヨーロッパやアメリカ、中東など75カ国以上で飲まれている。

つづいてビールの原料となるモルト、ホップ、イースト、水について実物を見て触って香りながらの説明。

工場に足を踏み入れるも、工場内は撮影は不可で残念です。

タイガービール工場見学の象徴でもある横倒しになったタイガービール瓶。この中に入ると、タイガービールのパッキングについてのビデオ鑑賞。映像に出てくる社長と、ガイドさんとのやり取りがあるが、何度もこなして熟練度が高いからかタイミングが完璧。

タイガービール ビールの注ぎ方

ツアーガイドの方が実演で生タイガービールをグラスに注ぐ。グラスを渡されるので、見よう見まねで生タイガービール注ぎ体験。

タイガービール工場見学

ビールサーバーから生タイガービールを注ぐ。ふと思えば生ビールを注ぐのは初めてかもしれない。最後は押し込んでクリーミーな泡を乗せる。工場の敷地内ということもあり原料が新鮮だからなのか、あるいは自分で注いだからなのか、この生タイガービールが実に異常なほど美味い!この1杯もツアー料金に含まれているので遠慮なくグラスを傾け、喉の渇きを癒しましょう。

タイガービール缶のマーライオン

ビール飲み放題 The Tiger Tavern

Tiger Tavern Tiger Tavern

そして待ちに待った45分のビール飲み放題。場所はTiger Tavern。家具調度品・しつらえが素晴らしい。

タイガービール工場 飲み放題

最初の一杯のみタイガービールの生、2杯目からは缶ビールをグラスに注いでもらう形となります。飲み放題で飲める銘柄はタイガービール、ABCスタウト、アンカー、アーキペラゴ、バロンズストングブリュー、ギネス、ハイネケン。注文する際は使用したグラスを飲み干し(空に)して引き換えに注文。

タイガービール工場見学 ABCスタウト

ABC Stout

タイガービール工場 バロンズビール

Baron’s

また別料金(1杯S$6.00、2杯S$10.00)を払えばデスペラードス、エルディンガー、キルケニー、キリン、ソル、ストロングボウなどの輸入ビールを楽しむことも可能。おつまみなどのスナックも別途販売している模様。

途中から工場見学ツアーに参加していないインド系の人たちも団体で店内に入りビールを楽しんでました。実態はわかりませんが、もしかしたらツアー料金を支払って飲み放題だけにを払っているのかも?酒税の料率が高いシンガポールは、お酒の金額が高い。セブンイレブンでもタイガービール350ml缶でS$5程度です。45分飲み放題でS$18.00なら、浴びるように飲めば元が取れます。

タイガービール工場見学 お土産ショップ

ショップではタイガービールのオリジナルグッズの販売があります。わたしは栓抜きとタイガービア缶の形をしたペンを買いました。お土産にどうぞ。

タイガービール工場の行き方・アクセス

タイガービール工場はシンガポールの西の西、トゥアスにあります。トゥアスのイミグレーションまでわずか1km、マレーシア側まで3.7kmという西の果て。

EastWest LineのJoo Koon駅(ジュークーン)から路線バス182線または182M線で約10分、「Asia Pacific Brewery」で下車します。複数人の場合はタクシーを利用するのもいいでしょう。

ちなみにBoon Lay駅(ブーンレイ)から路線バス182番線が出ているという情報を見て一度Boon Layで降りてバス乗り場で路線番号を探したのですが、ありませんでした。ご注意ください。

まとめ

シンガポールの中心地から離れていますが、タイガービールファン・ビール好きの方はきっと楽しめると思います。

お読みいただきありがとうございます。気に入った記事がありましたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

シンガポール観光の割引チケット