タイガービール工場見学|Tiger Brewery Tour

シンガポールだけでなく東南アジアを代表するビールでもある、タイガービール(Tiger Beer)

タイガービールを製造する「アジアパシフィックブリュワリー」の工場がシンガポールの西部にあり、「工場見学&ビール飲み放題のツアー」を開催しています。

タイガーブリュワリーツアー Tiger Brewery Tour

タイガービール工場

シンガポールに限らず、マレーシア、ベトナム、タイなどの東南アジアで広く普及しているタイガービール。

個人的には日本のビールの味が最も好みではありますが、タイガービールはシンガポール含む東南アジア諸国の旅行中に愛飲するビールです。

タイガービールを中心に、アンカー、ABC Stout、バロンズなどの銘柄を醸造するアジアパシフィックブリュワリー。

シンガポール西部のトゥアスに工場があり、タイガーブリュワリーツアー(Tiger Brewery Tour)を開催しています。

ツアーは「工場見学(45分)」と「飲み放題(45分))」の計1時間30分。以前は平日のみでしたが現在は土曜日も開催しています。

tigerbrewerytour.com.sg/

訪れたのは平日の14時ということもあり、予約者はわたしを含めて5人しかいません。
天気はあいにくの雨、外気はじめじめ。
他の場所に行く気も起きず、当日になり急遽オンラインで予約を入れました。

タイガービール工場見学ツアーのチケット料金・入場料

Adult
Weekday
S$18
Adlut
Weekend
S$20
Children S$12

タイガービール工場見学ツアーの料金は、大人(平日)S$18、大人(週末)S$20、子供S$12。

タイガービール工場見学ツアー

工場見学

タイガービール工場見学

まずは、タイガービールの歩んだ歴史、タイガービール工場にて醸造されるビールの数々、獲得した受賞歴を、モニターやショーケースを見ながら説明を受けます。

最初の醸造所は現在のサザンリッジの北側、Alexandra Roadにあった。

タイガービールは1932年に誕生、現在はアジアを始めとしてヨーロッパやアメリカ、中東など75カ国以上で飲まれています。

続いて、ビールの原料となるモルト、ホップ、イースト、水について、実物を見て触って香りながらの説明。

工場内に足を踏み入れるも、工場内は撮影は不可です。

タイガービール工場見学の象徴でもある横倒しになったタイガービール瓶。

この中に入ると、タイガービールのパッキングについてのビデオ鑑賞。
映像に出てくる社長と、ガイドさんとのやり取りがありますが、何度もこなして熟練度が高いからかタイミングが完璧。

タイガービール ビールの注ぎ方

The Perfect Serve!
ツアーガイドの方が、生タイガービールをグラスに注ぐ実演を行います。

グラスを手渡されるので、見よう見まねで、生タイガービールを注ぎましょう。

タイガービール工場見学

ビールサーバーから注いだ、生タイガービール。
最後はレバーをぐっと押し込んで、頂点にクリーミーな泡をのせれば完成。

工場の敷地内なので原料が新鮮だからなのか、あるいは自分で注いだからなのか。
この生タイガービールが、実に、異常なほど美味しい!

この1杯もしっかりツアー料金に含まれているので、遠慮なくグラスを傾け、喉の渇きを癒しましょう。

タイガービール缶のマーライオン

ビール飲み放題 The Tiger Tavern

Tiger Tavern

Tiger Tavern

そして待ちに待った、45分のビール飲み放題。
場所はTiger Tavern。
空間、家具調度品、しつらえが素晴らしい。

タイガービール工場 飲み放題

最初の一杯のみ生タイガービール。
二杯目からは、缶ビールをグラスに注いでもらう形となります。

飲み放題で飲める銘柄はタイガービール、ABCスタウト、アンカー、アーキペラゴ、バロンズストングブリュー、ギネス、ハイネケン。
注文する際は使用したグラスを飲み干し(空に)して引き換えに注文。

タイガービール工場見学 ABCスタウト

ABC Stout

タイガービール工場 バロンズビール

Baron’s

別料金(1杯S$6.00、2杯S$10.00)を支払えば、デスペラードス、エルディンガー、キルケニー、キリン、ソル、ストロングボウなどの輸入ビールを楽しむことも可能。
おつまみなどのスナックも別途販売しています。

途中から、工場見学ツアーに参加していないインド系の人たちも団体で店内に入り、ビールを楽しんでました。
もしかすると、ツアー料金を支払って飲み放題だけ体験しているのかも。
2回目以降は、それはそれで良いですね!

酒税が高いシンガポールは、おのずとお酒の金額が高い。
セブンイレブンでも、タイガービール350ml缶で「S$5」のお値段。
45分飲み放題でS$18.00なら、浴びるように飲めば、元が取れます。
そう、浴びるように飲めば。

タイガービール工場見学 お土産ショップ

ショップでは、タイガービールのオリジナルグッズの販売があります。

栓抜きとタイガービア缶の形をしたペンを買いました。
お土産にどうぞ。

タイガービール工場の場所・行き方・アクセス

タイガービール工場はシンガポールの西の西、トゥアスにあります。

トゥアスのイミグレーションまでわずか1km、マレーシア側まで3.7kmという西の果て。

EastWest LineのJoo Koon駅(ジュークーン)から路線バス「182線」または「182M線」で約10分、「Asia Pacific Brewery」で下車します。
複数人の場合はタクシーを利用するのもいいでしょう。

「Boon Lay駅(ブーンレイ)から路線バス182番線が出ている」という情報を見たので、一度Boon Layで降りてバス乗り場で路線番号を探したのですが、ありませんでした。
ご注意ください。

おわりに

シンガポールの中心地からは離れていますが、タイガービールファン・ビール好きの方はきっと楽しめると思います。

ここに訪れた時だけは、ビールを浴びるように飲みましょう。

シンガポール 路線バス
シンガポールの路線バスの乗り方と料金。移動に便利!
カトン地区のプラナカンハウス シンガポール観光の見どころ 旅行ガイド Singapore Travel Guide

<< シンガポール旅行の目次ページに戻る