赤間山展望台(渡嘉敷島)

渡嘉敷島の赤間山展望台

南北に長い渡嘉敷島の北側に位置する赤間山

東展望台からは前島、沖縄本島。
西展望台からは慶良間諸島の島々を望める、絶景スポットです。

赤間山展望台

渡嘉敷島の北側に位置する赤間山
高さは島で最も高い海抜227.3m。
現地では通称「北山」と書いて「ニシヤマ」と呼びます。

展望台は「東展望台」と「西展望台」の2箇所。

東展望台からは前島越しに沖縄本島を。
西展望台からは座間味島や阿嘉島、ケラマブルーの美しい海を望めます。

東展望台

渡嘉敷島の赤間山展望台

渡嘉敷島の赤間山展望台

前島越しの沖縄本島。
晴れていて霞さえなければ、肉眼でも沖縄本島の建物を確認できます。

東展望台に設置された望遠鏡は無料です。
東側は那覇空港や泊港、少し北に向けると残波岬灯台までよく見えました。

渡嘉敷島の赤間山展望台から望む沖縄本島と前島

前島の北にある中島と端島。
奥にはチービシ(慶伊瀬島)のナガンヌ島と神山島。
その先の沖縄本島は北谷周辺です。

渡嘉敷村の公式サイトによると、渡嘉敷島の赤間山は琉球王朝時代の「烽火台跡(ヒータティヤー)」があった場所でもあり、進貢船や冊封船が島に近づいた時に「狼煙(のろし)」をあげて沖縄本島にある首里王府に伝えたのだとか。

www.vill.tokashiki.okinawa.jp/archives/830

中国とを行き来する船は慶良間諸島で風待ちをすることがあり、座間味島の安護の浦には唐船が座礁しないように爆薬を仕掛けて破壊した「船だまり跡(唐船グムイ)」が今も目に見える形で残っています(座間味島の高月山展望台からよく見えます)。

座間味島 高月山展望台の眺望
高月山展望台(座間味島)

西展望台

渡嘉敷島の赤間山西展望台

西展望台からは慶良間諸島の島々。
具体的には座間味島、安室島、嘉比島、安慶名敷島、屋嘉比島、阿嘉島、安室島。

座間味島の全景。

座間味島で最も高い山、大岳(うふだき)方面。
(霞で微かにしか見えませんが)奥には渡名喜島が見えます。

座間味島の古座間味ビーチ。

座間味島の古座間味ビーチと安室島の間に見えるケラマブルーの海。
中央奥に見えるはケラマジカの生息する無人島「屋嘉比島」であります。

阿嘉島と慶留間島に架かる阿嘉大橋。

北北西42km離れた場所にある粟国島も薄っすらと。

赤間山展望台の場所・行き方・アクセス

赤間山展望台へのアクセス方法は「渡嘉敷港側(東)」または「村道大谷線(西)」のいずれか。

渡嘉敷港側(東)から上がり、村道大谷線(西)を抜けるルートをおすすめします。

阿波連園地展望台で見た彩雲
阿波連園地展望台 現る七色の彩雲・暈(渡嘉敷島)
阿波連ビーチ
阿波連ビーチ(渡嘉敷島)
とかしくビーチ
とかしくマリンビレッジ宿泊記|Tokashiku Marine Village
渡嘉敷島 港の見える丘展望台 渡嘉敷島の観光&見どころ まとめページ

<< 渡嘉敷島旅行TOPページに戻る