フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわ 宿泊記|Fairfield Hokkaido Eniwa

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわ Fairfield Hokkaido Eniwa

北海道恵庭市の道の駅「花ロードえにわ」敷地内に開業した米国マリオット系ブランドのホテル、フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわ(Fairfield Hokkaido Eniwa)の宿泊記です。

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわ Fairfield Hokkaido Eniwa

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわ Fairfield Hokkaido Eniwa

花ロードえにわの裏手を流れる漁川

支笏洞爺国立公園 恵庭岳の北西にある標高1,318mの火山、漁岳(いざりだけ)。
西側の斜面を伝って流れる水はやがて豊平川へと合流し、豊平峡ダム、定山渓、札幌市内を抜けて石狩川へ注いで太平洋へと流れます。

その反対側、漁岳の東側斜面を流れるのは漁川(いざりがわ)。
アイヌ語でイチャニ(サケの産卵場所)が語源の母なる川は、恵庭渓谷・漁川ダム(えにわ湖)・恵庭市内を抜けて千歳川に合流、最終的には石狩川に合流して太平洋に注ぎます。

その漁川沿いに位置する北海道恵庭市の道の駅「花ロードえにわ」。
立地をひとことで表すならば、「新千歳空港と札幌の間にあり、ほぼ新千歳空港寄り」。
敷地西側は国道36号線に面しています。
札幌から新千歳空港を結び、最終的には室蘭へと続く幹線道路です。

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわのエントランス

積水ハウスが「Trip Base 道の駅プロジェクト」と題した事業は、日本各地の道の駅で展開しており、北海道内では「花ロード恵庭」「長沼マオイの丘」「南富良野」の3ヶ所です。
道の駅にホテルを併設するという、社会実験とも思しき、このプロジェクト。

Trip Base 道の駅プロジェクトのフェアフィールドホテルについては、敷地内にレストランがありません。
「宿泊特化型」ということで、食事やその他体験は道の駅や地域のお店を利用するというスタイル。

道の駅という立地的な性質に加えて、宿泊の前後の体験に重きを置いているだけに、車(レンタカー)は必須となります。

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわ ロビーラウンジ

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわ ロビーラウンジ

ホテルの総客室数は102室。
客室にスイートルームはなく、全室がキングサイズベッドまたはツインベッドのツインルームです。

建物は4F建て、客室の向きは北西向き(花の拠点 はなふる側)と南東向き(漁川側)。

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわ フロアガイド

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわ 廊下

道の駅 花ロードえにわ

道の駅花ロードえにわ

北海道には120を越える道の駅があり、その特色は千差万別です。

「花ロードえにわ」は恵庭市民主導による花のまちづくりを具体化した、敷地内のガーデン「花の拠点 はなふる」が最大の魅力。
道の駅にあるガーデンとしては道内屈指であり、かつ同じく恵庭市内にある「えこりん村(びっくりドンキーの企業が運営する牧場・ガーデン)」とともに、道央を代表するガーデンです。

ガーデンフェスタ北海道2022のメイン会場。

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわ 花の拠点 はなふる

花の拠点 はなふるはコンセプトごとに7つのガーデンに分かれており、えこりん村、旭川の「上野ファーム」の上野砂由紀さんを始めとするガーデナーさんが参画しています。

北海道では、道北・十勝エリアの8つのガーデンを巡る「北海道ガーデン街道」が人気を博します。
先述した旭川の「上野ファーム」、富良野の「風のガーデン」など。
これらのガーデンは、敷地に高低差があるため景観に奥行き・輪郭がある点が魅力的です。

他方、花の拠点 はなふるのガーデンは、高低差がほとんどなく平坦。
主要な歩道はアスファルト舗装されています。
この点は良くも悪くもという見方もできるものの、良い面を取り上げれば、バリアフリーなので足が不自由な方や小さなお子さん連れのファミリーも散策がしやすいです。

えこりん村で放牧飼育で育てた豚「こな雪とんとん」を使ったカレー

花ロードえにわのフードメニュー

その他、こちら道の駅では恵庭市内の「えこりん村」で放牧飼育で育てた豚「こな雪とんとん」を使ったカレー・うどん、えにパンの焼きたてパンなどのグルメ、地元の人でも賑わう農畜産物直売所「かのな」の野菜販売が人気です。

えにパンの焼きたてパン えにパン、りんごパン、かぼちゃメロンパン、かぼちゃプリンパン

花ロードえにわ 恵庭かぼちゃメロンパン

200万人都市の札幌と、北海道の玄関口である新千歳空港の間。
花ロードえにわは、その立地から北海道の道の駅の中でも一二を争う来場者数でしょう。
道の駅の駐車場は、平日も満車です。

スタンダード キングルーム Standard 1 King

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわ スタンダード キングルーム Standard 1 King

宿泊する客室はスタンダード キングルーム(Standard 1 King)

広さは21㎡です。

ベッドルーム

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわ スタンダード キングルーム Standard 1 King

窓際に冷蔵庫、それに並ぶ形で最大2人掛けのソファ、丸型のテーブルが1つ。

キングベッドの両端にA型コンセント、USBの充電口があります。

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわ 客室

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわ スタンダード キングルームの客室

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわ スタンダード キングルームの客室

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわ スタンダード キングルームの客室

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわ スタンダード キングルームの客室

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわ スタンダード キングルームのクローゼット

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわ スタンダード キングルームのクローゼット

クローゼットはなく、客室扉隣の壁にフック、ハンガー、折りたたみ式バゲッジラックの用意があります。

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわ 冷蔵庫

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわ ミネラルウォーター

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわ コーヒー・紅茶

黒松内産のミネラルウォーター、ドリップコーヒー、紅茶のティーバッグの用意があります。

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわ 恵庭えびすくんサイダー

こちらはマリオット上級会員の特典でいただいた、恵庭えびすくんサイダーです。
レセプション脇にある売店で買うこともできます。

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわ 冷蔵庫

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわ ルームウェア(パジャマ)

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわ スリッパ

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわ 靴乾燥機

一点変わったものとして、靴乾燥機の用意がありました。
花の拠点 はなふる、恵庭渓谷、支笏湖などの屋外の散策、雨雪の際に役立ちそうです。

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわ スタンダード キングルームの眺め

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわ 客室から望むガーデン側の眺望

客室からは北側のガーデンを一望できます。
開業当初の写真では寂しさが残るものの、樹木の成長にガーデンの経年変化が加われば、来春以降に魅力的な景観になると思われます。
特にホテル目の前にあるコンセプトガーデン「大きなカステラが焼けるお庭」のパーゴラの変化が楽しみです。

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわの客室から望む恵庭岳

遠景。
約4万年前の支笏火山の噴火により、日本で2番目に大きいカルデラ湖である支笏湖が誕生。
その湖の北西側、約2万年前の噴火で誕生したのが恵庭岳です。

バスルーム

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわ 洗面台

洗面台周辺は、省スペース設計。
洗面台前のスペース一箇所で、洗面台、トイレ、シャワーブースへの移動経路を兼ねています。

ベッドルームと対面型になっているものの、スライド式ドアで開閉可能です。

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわ 洗面台

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわ シャワーブース

シャワーブースのみで、バスタブはありません。
シャワーのタイプは2タイプ、レインシャワーとハンドシャワー。

お風呂に入りたいゲストは地元の温泉に誘導する方針とのことで、近隣には「えにわ温泉 ほのか」「恵庭温泉 ラ・フォーレ」があります。
個人的には、日帰りの場合は入浴時間が限られるものの、支笏湖の丸駒温泉がおすすめです。

日本の化学メーカーの微妙なサイズのユニットバスをこちらのホテルに付けても、使用する人は少ないという判断でしょうか。
欧米の方々であれば、バスタブに入る習慣がある方は少ないですし。

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわ トイレ

アメニティ

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわ アメニティ

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわ アメニティ

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわ シャンプー・ボディソープ

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわのドライヤー

ロビーラウンジ

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわ ロビーラウンジ

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわ ロビーラウンジとテラス

1Fのロビーラウンジには、ソファ席、コワーキングスペースのような1席に充電用コンセントが用意されたテーブル席、テラス席があります。

バードフレンドリーのコーヒー豆を使用したWMFのコーヒーマシン、緑茶・ほうじ茶のティーバッグ、インスタント味噌汁の用意があり、24時間利用できます。

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわ ロビーラウンジ

電子レンジ、トースター、製氷機は壁に埋め込み式でスマート。

余談ですが、ホテルから新千歳空港までは車で片道約17km、約25分。
早起きして、美瑛選果 新千歳空港店のまめぱん・コーンぱんを買ってくるという選択肢もあります。

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわ ランドリー

1Fのランドリー。

滞在の楽しみ方

早朝のガーデンを散歩する

早朝のガーデンを散歩する

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわ 早朝のガーデンを散歩する

道の駅なので、ガーデンには営業時間がありません。
早朝であれば、人がいないガーデンを散歩できます。

一般的なガーデン同様、現在咲いているお花の一覧が写真付きで提示されています。
お花が好きな方は、早朝から有意義な時間を過ごせるでしょう。

恵庭農畜産物直売所かのなで野菜を買う

花ロードえにわ 恵庭農畜産物直売所かのな

道の駅花ロードえにわ 農畜産物直売所「かのな」の野菜販売

北海道産野菜を探すのも、北海道の道の駅の楽しみのひとつ。
北海道に移住以来、QOLが上がった要因を数えれば枚挙にいとまがないですが、そのひとつが野菜です。

恵庭農畜産物直売所かのなは、恵庭産を中心に産直野菜を多数取り揃えており、地域の方々にも人気があります。

道外にお住まいの場合は野菜を持って帰るのは荷物が増えて大変かもしれませんが、旬の野菜や珍しい野菜を1つでも買ってみてほしいです。
内地へ配送も可。

道の駅花ロードえにわ 農畜産物直売所「かのな」の野菜販売 かぼちゃ

秋に花ロードえにわへ寄ったときは、恵庭産の多種多様なかぼちゃがずらりと並んでおり、ハロウィンデコレーション向けのかぼちゃも販売していました。

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわの場所・行き方・アクセス

えこりん村から車で4.8km、約11分
新千歳空港から車で17.3km、約27分
白扇の滝から車で20.3km、約26分
支笏湖ポロピナイから車で42.2km、約50分

ホテルの駐車場への入り口は国道36号線側でなく、北西側の道路にあります。

夜に恵庭市内の飲食店に出かける場合については、片道分のみタクシーチケットをもらえます。

感想・総評

フェアフィールド バイ マリオット北海道えにわ 夜のエントランス

一般的な目線で札幌と比較して「この場所に宿泊するべき理由」を探すと、正直、弱い。
えこりん村も恵庭渓谷も、札幌にある施設や景勝地とは異なる独自の魅力を持つ素晴らしい場所であるのは確かですが、それが道の駅に宿泊する理由に直結するかと言えば、そうとも限りません。
言い換えれば、どちらも札幌から車で行けるので。

早朝の人が少ない、割合静かなガーデンを散策できる。
この点は、お花好きの方にとっては宿泊すべき理由になり得るかもしれません。
道北に8箇所ある北海道ガーデン街道のガーデンは営業時間がある一方、花ロードえにわは道の駅なので、好きな時間帯に散策できます。

新千歳空港へ降り立つのが複数回目で、以前を訪れたことがある札幌には立ち寄らないドライブ旅行プランもあり得るかもしれません。
十勝方面から北海道ガーデン街道巡り、富良野のラベンダー畑を経由して旭川へ出るなど。

住所:〒061-1375 北海道恵庭市南島松828-9
電話番号:0123-29-6250
チェックイン:15:00〜
チェックアウト:〜11:00

日本のマリオットホテル一覧をチェック|Marriott公式

日本のマリオットインターナショナルホテル一覧 日本のマリオットボンヴォイ系列ホテル一覧|Marriott Bonvoy, Japan

<< 日本のMarriott一覧ページに戻る