五色沼と呼ばれるオンネトー 北海道足寄町

オンネトー

北海道の足寄町、阿寒摩周国立公園の西端にある湖、オンネトー(Onneto)へ。

オンネトー Onneto

五色沼と呼ばれるオンネトー

五色沼と呼ばれるオンネトー

阿寒摩周国立公園の最西部に位置する湖、オンネトー(Onneto)
アイヌ語で「年老いた沼・大きな湖」を意味する、雌阿寒岳の火山活動で生まれた堰止湖です。
標高623m。

天候や風向きによってその色を変化させることから、五色沼と呼ばれている。
湖の向こう側には噴煙を上げる活火山の雌阿寒岳、阿寒富士を望みます。
この日は天候が芳しくなく、山頂付近は霧で覆われていました。

五色沼と呼ばれるオンネトーの解説

五色沼と呼ばれるオンネトー

オンネトー周辺散策路

オンネトーの案内マップ

オンネトーの周辺には「オンネトー周辺散策路」として4つのトレッキングコースがあります。
コースの紹介は足寄町公式ウェブサイトにも掲載。

www.town.ashoro.hokkaido.jp/kanko/onneto.html

展望デッキの西側にはお手洗いがあり、その奥を進む展望台コースを歩いてみました。
北登山口から「0.8km」「上り15分」ではあるものの、トレッキングシューズを推奨します。
お天気が良ければ、頂上の景色も良さそうです。

オンネトー展望台コース

オンネトー展望台コース

オンネトー展望台コース

オンネトー展望台コース

オンネトー展望台コース

オンネトー展望台コース

オンネトー展望台コース

オンネトー展望台コース

オンネトー展望台コース

オンネトー展望台コース

錦沼

北海道 錦沼

北海道 錦沼

北海道 錦沼

道道949号線(オンネトー線)沿い、オンネトーと雌阿寒温泉の間にある錦沼。
沼に堆積する褐鉄鉱の鉄分により、独特なオレンジ色に。

この沼の水がオンネトーに流れこむことが、五色沼と呼ばれるオンネトーの湖面の色が変化する要因のひとつになっているようです。
色は地味ではありますが、重要な役割を担っています。

錦沼は目立ったアピールもなく駐車場もないため、普通に車を走らせていたら気づかずに通り過ぎてしまいそうです。
沼の周辺の泥は柔らかいため、足元に注意して進みます。

オンネトーの場所・行き方・アクセス

マップコード:783 850 392
阿寒湖から19.8km、車で約22分。

阿寒湖の朝日 北海道 阿寒摩周国立公園 旅行記|Akan Mashu National Park

<< 阿寒摩周国立公園 旅行記に戻る