マレーシア国立モスク(クアラルンプール)

マレーシア国立モスク 礼拝堂

15,000人を収容できるクアラルンプールの国立モスク「マスジッドネガラ(Masjid Negara)」へ。

マレーシア国立モスク Masjid Negara

マスジッドネガラ(マレーシア国立モスク)

クアラルンプールにあるマレーシア国立モスク(Masjid Negara、Nasional Mosque of Malaysia)

最大収容人数は15,000人、敷地面積は13エーカー(53,000㎡)と広大な敷地を誇るモスクです。
1965年に完成。

Lonely Planetによれば、サウジアラビアのメッカにあるマスジッド・アル・ハラーム(Masjid al-Haram)からインスピレーションを得ているのだとか。

マレーシア国立モスク

マスジッドネガラ(マレーシア国立モスク)

マスジッドネガラ(マレーシア国立モスク)

モスクの建物の壁面やミナレットに入った幾何学模様のデザイン。

マレーシア国立モスク ミナレット

マレーシア国立モスク

マレーシア国立モスクの尖塔

高さ73mの尖塔、ミナレット。
お祈りの時間帯には上部に設置されたスピーカーから音が流れ、その音はチャイナタウンでも聴こえるようです。

国立モスクから見るKLタワー

礼拝堂上部には鮮やかな青色が特徴的な「十六角形」の屋根。

Lonely Planetを含むガイドブックを見ると「十八角形(マレーシアの13州とイスラム教の五行を足した数)の屋根」との記載。
JTBのウェブサイトに至っては、「十四角形(マレーシアの13州と連邦直轄領クアラルンプールを足した数)」、と。

さて、何が真実か。
ぜひ、ご自身の目でご確認ください!

ミナレットと礼拝堂の屋根のデザインについては「閉じた傘」と「開いた傘」からインスピレーションを得ているもの。

マレーシア国立モスク

マレーシア国立モスク

マレーシア国立モスク

礼拝堂

マレーシア国立モスク 礼拝堂

礼拝堂の内部(内部への入場は不可)。

マレーシア国立モスク 礼拝堂

マレーシア国立モスク 礼拝堂

霊廟

マレーシア国立モスク 霊廟

モスクの敷地西側に設けられた、National Heroesの霊廟。

マレーシアの発展に貢献した首相、副首相が眠っています。

マレーシア国立モスクの入場時間

マレーシア国立モスク 入場時間

月〜木、土日 9:00〜12:00、15:00〜16:00、17:30〜18:30
15:00〜16:00、17:30〜18:30

マレーシア国立モスク入場時の服装について

マレーシア国立モスク ローブ

イスラム教には厳しい戒律があるため、モスクの入場の際には観光客もドレスコードを守る必要があります。
肌の露出を避けるためのローブは、入り口で無料でレンタルできます。

女性の場合はローブのレンタルが必須になります。
男性の場合は半袖シャツは問題ないですが、ハーフパンツはNGのためローブをレンタルしましょう。

スーツケースなどの手荷物は、入り口で預けることができます。

マレーシア国立モスクの場所・行き方・アクセス

マレーシア国立モスクはKTMクアラルンプール駅から徒歩4分。
駅からは地下通路で大通りを渡ります。

国立モスクからはムルデカスクエアも徒歩圏のため、合わせて観光するのもよいと思います。

おわりに

モダンな要素をふんだんに取り入れたデザインは、一般的にイメージするモスクのそれとはまた異なり、見応えがあります。

風が抜けるよう通気性が考慮されており、つるつるに磨かれひんやりとした床もあいまって、外の気温が30℃超えでも涼しく感じる不思議。

クアラルンプール市街にほど近いため、「プトラジャヤのピンクモスク」や「シャーアラムのブルーモスク」よりも気軽に訪れやすいです。

プトラジャヤ ピンクモスクの夜景(ライトアップ)
プトラジャヤ観光 バラ色花崗岩のピンクモスクほか、行き方まで(マレーシア)
シャーアラムのブルーモスク
マレーシア シャーアラムのブルーモスク|Blue mosque in Malaysia