北海道の航空写真 飛行機の窓からの景色

北海道の航空写真 飛行機の窓から 3月 支笏洞爺国立公園の眺望 羊蹄山と洞爺湖

上空から見る北海道もまた、美しい。

飛行機の機内から撮影した北海道の航空写真を集めてみました。

3月 支笏洞爺国立公園の眺望(新千歳ー大阪伊丹)

北海道の航空写真 飛行機の窓から 3月 支笏洞爺国立公園の眺望 樽前山と風不死岳

4万年前、支笏火山の噴火により誕生した支笏湖。

新千歳空港を飛び立つと、支笏湖の南側にある樽前山と風不死岳が姿を現します。

北海道の航空写真 飛行機の窓から 3月 支笏洞爺国立公園の眺望 支笏湖

支笏湖は、屈斜路湖に続いて日本国内のカルデラ湖の中で2番目の大きさを誇ります。

左手前に樽前山と風不死岳、右手に紋別岳、湖の奥に恵庭岳。

さらにその奥手には札幌岳、余市岳の姿も。

北海道の航空写真 飛行機の窓から 3月 支笏洞爺国立公園の眺望 支笏湖、樽前山、風不死岳、恵庭岳

北海道の航空写真 飛行機の窓から 3月 支笏洞爺国立公園の眺望 支笏湖越しに札幌の街

支笏湖越しに真っ白なスキー場のゲレンデを見せる藻岩山、200万都市札幌の街並み、石狩湾の緩やかなカーブを捉えます。

空の霞が少ない冬場ならでは。

北海道の航空写真 飛行機の窓から 3月 支笏洞爺国立公園の眺望 支笏湖越しに札幌の街

北海道の航空写真 飛行機の窓から 3月 支笏洞爺国立公園の眺望 倶多楽湖、羊蹄山、洞爺湖、積丹半島

圧巻、凍てつくような北の大地。

手前に倶多楽湖&登別地獄谷、雪肌を見せるオロフレ山・徳舜瞥山・ホロホロ山。

その向こう、左手には洞爺湖。
中央に鎮座するのは蝦夷富士、羊蹄山。
左手奥にニセコ連峰、中央奥には急峻な積丹半島まで見渡せます。

北海道の航空写真 飛行機の窓から 3月 支笏洞爺国立公園の眺望 倶多楽湖

結氷したか、倶多楽湖。

北海道の航空写真 飛行機の窓から 3月 支笏洞爺国立公園の眺望 羊蹄山

北海道の航空写真 飛行機の窓から 3月 支笏洞爺国立公園の眺望 洞爺湖

洞爺湖有珠山ジオパーク。

こちら洞爺湖と先述の支笏湖は、凍らない湖「不凍湖」としても知られています。

北海道の航空写真 洞爺湖と周辺の山々

9月 札幌市内・石狩を望む(丘珠ー釧路)

丘珠空港を出発した機内からモエレ沼公園を望む

札幌市内の空港、丘珠空港を飛び立つ。

翼の向こうに、イサム・ノグチが設計したモエレ沼公園。
かつてゴミ処理場だった場所は、市民の憩いの場に。

丘珠空港を出発した機内からモエレ沼公園・小樽を望む

左に旋回。

日高山脈が誕生した反動により押し下げられる形で誕生した石狩平野。

アイヌの人々が「サッ・ポロ・ペッ(乾いた・大きな・川、諸説あり)」と呼んだ景色を一望。

丘珠空港を出発した機内から石狩川、豊平川を望む

石狩川に合流する、豊平川。

石狩川は東大雪の石狩岳西斜面から、層雲峡、旭川を経て。
豊平川は漁岳の西斜面から、豊平峡ダム、定山渓を経て。

共に長い旅路を終え、石狩湾へ注ぎます。

丘珠空港を出発した機内からマクンベツ湿原、はまなすの丘公園を望む

石狩川の河口付近に見えるのは、マクンベツ湿原、はまなすの丘公園。

丘珠空港を出発した機内から当別ふくろう湖を望む

夏らしい入道雲が覆う、当別ふくろう湖。

北海道の航空写真 飛行機の窓から 9月 下足寄湖と足寄町

道東エリアへ。

足寄湖と足寄町。

北海道の航空写真 飛行機の窓から 9月 下足寄湖と足寄町

阿寒摩周国立公園の南方。

中央には、雌阿寒岳と阿寒富士。

3月 函館上空(新千歳ー小松)

新千歳から小松へ向かう機内、函館の真上を通過。

五稜郭函館山の姿をはっきりと確認。

番外編 10月 ルスツのヘリコプター

ルスツリゾート ヘリコプター遊覧飛行

こちらは番外編。
航空機ではなく、ヘリコプターの窓から。

秋色に染まる、紅葉のルスツを撮影。

ルスツリゾート ヘリコプター遊覧飛行
ルスツのヘリコプター遊覧飛行 鳥瞰で紅葉観賞、空の旅

おわりに

ドローン撮影とは趣向が異なる、ダイナミックな景色。

北海道の島(利尻島、礼文島、奥尻島)を機内から撮影してみたい。

今後も道東や離島へ行く機会があれば、写真をこちらの記事に追加していきます。

札幌丘珠空港|Sapporo Okadama Airport
丘珠空港(札幌飛行場 )|Sapporo Okadama Airport