ラオパサ フェスティバルマーケット(シンガポールのホーカー)|Lau Pa Sat

ラオパサ シンガポール

初めてシンガポールに訪れた時から、シンガポールに滞在するたびに訪れるホーカーズ、ラオパサフェスティバルマーケット(Lau Pa Sat)

金融街のど真ん中にあるホーカー、ラオパサ フェスティバルマーケット(Lau Pa Sat)を写真たっぷりでご案内します。

ラオパサフェスティバルマーケット(Lau Pa Sat)

ラオパサ 外観

シンガポールで食を楽しむ場所といえば、ホーカーズ。

シンガポール料理やマレー料理、中華料理などの屋台(ストール)が並んでおり、自分の好みのストールを探すのも楽しみのひとつ。

シンガポールの金融街ラッフルズプレイスにあるラオパサ(Lau Pa Sat)は、周辺に勤務するオフィスワーカーはもとより、観光客も数多訪れる人気のホーカーです。

ラオパサ シンガポール

ラオパサ シンガポール

150年以上前の魚市場Telok Ayer Marketを改装して使われているラオパサは、2014年にリノベーションが行われたため小綺麗で清潔感があります。

ランチタイム12時を過ぎるとオフィスワーカーが一気に雪崩れこみ、大混雑!
注文前に席の確保をおすすめします。
空いている席の椅子や机にポケットティシューやハンカチを置いておきましょう。
13時前になると空席が増えてくるので席を取りやすいです。

注文するときは「メニューに記載の番号」を伝えるとスムーズです。

Seng kee Local Delights

フライドホッケンミー(Frided Hokken Noodle)

ラオパサのホッケンミー

小麦粉と卵が練りこまれた太麺とうるち米原料の細麺。
海老の出汁をベースに、イカ、卵を炒めて絡めた塩焼きそば、フライドホッケンミー(炒福建麺)。

ラオパサのフライドホッケンミーはつゆがだくだくなのが特徴。
海老の出汁・旨味がしっかり入ったスープと麺の相性がよく、やみつきになります。

辛味ソースのサンバルを乗せ、ライムを絞って味をさっぱりさせ、味を変えて楽しめます。

フライドホッケンミー(Fried Hokken Noodle、炒福建麺)

料金:Sサイズ:S$5.5、Lサイズ:S$8(写真はLサイズ)
お店:Seng kee Local Delights

プロウンヌードルスープ(Prawn Noodle Soup)

何度も訪れているラオパサでホッケンミー以外のヒットメニューが見つからない。
そこで「ホッケンミーが美味しいお店なら別の麺も美味しいのでは」という予測から注文したプロウンヌードルスープタイプ。

これがズバリ微妙。
海老の出汁は全然出ておらず、何の工夫も感じられない薄いスープ。
初めてのシンガポール旅行で初めてチョイスした食事がこれだと、おそらく泣けます。
わたしが実験台ということで。。

本物のプロウンヌードルを食べるなら「プロウンミー」の記事で案内している本格的なお店をどうぞ。

プロウンヌードルスープ(Prawn Noodle Soup)

料金:Sサイズ:S$5、Lサイズ:S$8(写真はSサイズ)
お店:Seng kee Local Delights

Lai Heng Fried Kway Teow

フライドオイスターオムレツ(Fried Oyster Omelette、炒蚝煎)

ラオパサ フライドオイスターオムレツ

牡蠣と卵、片栗粉を混ぜてたっぷりの油で焼き上げ、パクチーを添えたフライドオイスターオムレツ。
胃がもたれそうなほど油っこく、タイガービールとの相性がかなりいいです。

フライドオイスターオムレツ(Fried Oyster Omelette、炒蚝煎)

料金:Sサイズ:S$5、Mサイズ:S$8、SLサイズ:S$10(写真はSサイズ)
お店:Lai Heng Fried Kway Teow

Qiu Lian Ban Mian

トムヤムミー(Tom Yum Mee Hoon Kuay)

ラオパサ トムヤムミー

ランチタイムのラオパサで15人ぐらい並ぶ行列を発見!
お店の名はQiu Lian Ban Mian。
隣に並んでいたビジネスマンにおすすめをヒアリングして返ってきた答えが、トムヤムミー(Tom Yum Mee)。

トムヤムの名から想像するにトムヤムクンのようなスープを想像していましたが、どちらかというと酸辣湯に近いかも?
具材は板麺に小魚、小松菜、卵、フライドオニオン、鶏つみれ。
小魚の味にかなりクセあり。

トムヤムミー(Tom Yum Mee Hoon Kuay、冬炎面粉粿)

料金:S$4
お店:Qiu Lian Ban Mian

Braised Meat U-Mian Dry(干捞扣肉幼面)

ラオパサで最も行列ができるお店Qiu Lian Ban Mianで別日に再訪してチョイスした麺、Braised Meat U-Mian Dry。

甘辛ソースと麺がよく合うし、角煮にもしっかり味が付いていて美味しい。
トムヤムミーよりもU-Mian Dryの方が個人的には好み。

Braised Meat U-Mian Dry(干捞扣肉幼面)

料金:S$5.80
お店:Qiu Lian Ban Mian

ドリンク・アルコール

ラオパサ タイガービール

ラオパサの中央のドリンクコーナーにはビールもあります。

シンガポールといえばタイガービアー。
生ビールはS$5.50、350ml缶はS$4.80。

夜のサテー屋台

夜のラオパサ

ラオパサ 夜の屋台

ラオパサ 夜の屋台 サテー

24時間営業のラオパサは、日没後19時頃を過ぎると南側のBoon Tat Streetにサテー屋台が登場!

好みの屋台を見つけて牛やチキン、豚、海老などから好みをチョイスして注文。
テーブルに案内してもらえるので、焼き上げたら席まで運んでくれます。

ラオパサ サテー

蒸し暑さも落ち着いた夜、サテーをつまみに乾杯!

ラオパサフェスティバルマーケットの場所・行き方・アクセス

ラッフルズプレイス駅周辺マップ

北が下、南が上です(※クリックで拡大します)

ラオパサは周囲が高層ビル群のため、場所・道順がわかりづらいのが難点。

EastWest Line・NorthSouth Lineのラッフルズプレイス駅「I出口」を出て、Robinson RoadまたはRaffles Quayを南に向かいます。

ラオパサの案内看板

ラッフルズプレイス駅I出口

ラオパサフェスティバルマーケットの営業時間

住所 2 Shenton Way, Singapore 068804
電話番号 +65 6220 2138
営業時間 24時間

ラオパサの営業時間は24時間ですが、ストールによっては11時〜、12時〜オープンのお店もあります。

フライドホッケンミーのお店も12時前頃にオープンなのでお気をつけください。

おわりに

何度もシンガポールおよび色んなホーカーズを訪れた結果、率直に言うとラオパサはフライドホッケンミー以外に特筆するものはなく、立地と清潔感が売りのホーカーズといったイメージ。

時間があるのであれば、チャイナタウンのマックスウェルフードセンターや、ニュートンのニュートンフードセンター、旧カラン空港近くのオールドエアポートフードセンターまで足を運んでみる方をおすすめします。

ラオパサのホッケンミーは美味しいのでトータル6回ぐらい食べました。
もしラオパサで注文するのに迷った場合は、フライドホッケンミーがおすすめです。
日本では味わえない料理ですよ!

Singapore ChickenRice シンガポールのおすすめチキンライス
本場シンガポールで食べたおすすめのチキンライス店
328カトンラクサのラクサ
カトンラクサ(328カトンラクサ・マリンパレードラクサ)
纽顿天香大虾面 Newton Tian Xiang Big Prawn Noodle
蝦麺プロウンミー(Prawn Mee、シンガポール)
カトン地区のプラナカンハウス シンガポール観光の見どころ 旅行ガイド Singapore Travel Guide

<< シンガポール旅行の目次ページに戻る

shares