マーライオン公園(シンガポール)|Merlion Park

merlion park

シンガポールの象徴であり観光地でもある、マリーナベイのマーライオン公園(Merlion Park)を訪れました。

スポンサーリンク

マーライオン公園(Merlion Park)

マーライオン公園 夜景

マーライオン公園(Merlion Park)はシンガポール誕生伝説のマーライオン像が設置されているマリーナベイ沿いの公園です。

マーライオンが吐き出す水を飲み込むようにして撮影する記念写真はおなじみですね。

マーライオン像

マーライオン像

頭がライオン、下半身が魚のマーライオン像。高さ8.6mとさほど大きくはないですが、シンガポールの象徴でもある金融街をバックに勢いよく水を吐く姿は凛々しく見えます。

マーライオンと金融街

マーライオンは7〜14世紀に成立した海上交易国家シュリーヴィジャヤ王国(室利仏逝)の王子サング ニラ ウタマが島で野生動物狩りをしている時に出会った一匹のライオンに由来しています。サンスクリット語で「ライオン=シンハ(Singha)」「都市=プラ(Pura)」、シンガポールの由来です。The Lion City!

マウントフェーバーのマーライオン近くの壁面アートではThe Lion Cityの説明書き、セントーサ島のマーライオンではマーライオン伝説のシアターアニメがあります。

世界三大がっかり

マーライオン像は世界三大がっかり(他:ブリュッセルの小便小僧、コペンハーゲンの人魚姫)にランクインしていますが、現地に行くとそれほどがっかりでもない。今は周囲を見渡せばシンガポールフライヤーやマリーナベイサンズやオフィスのビル群があるためでしょう。

1972年9月15日、マーライオン像は彫刻家Lim Nang Sengによってシンガポール川の河口に設置されましたが、2002年のエスプラネード橋の完成に伴い、同年、現在の場所に移転しています。

昔マーライオンがあった場所の写真

こちらが1972年〜2002年までマーライオン像が設置されていたシンガポール河口の桟橋。マーライオンが生まれた場所でありながら現場には案内の看板もなくウッドデッキが敷かれているだけです。この日も日向ぼっこしているインド人のご家族連れがいるだけで、かつてマーライオン像があった場所とは思えません。マーライオン公園からエスプラネード橋の下をくぐるとありますので、お時間があればどうぞ。

昔(1977年)のシンガポール マリーナベイ

1977年当時のマリーナベイ。マリーナベイサンズ、ガーデンズバイザベイ、エスプラネードシアターはもちろん、マンダリンオリエンタルやマリーナマンダリンなどの高級ホテル群もありません。周りの景色がこのような状況ではマーライオンが世界三大がっかりにランクインするのも納得かも。

ミニマーライオン像

ミニマーライオン像

高さ8.6mのマーライオン像の真後ろには、2mのミニマーライオンの姿も。こちらもシンガポール河口に設置されていた時代から本家マーライオンとセットで真後ろに設置されています。

ジュビリーブリッジ Jubilee Bridge

singapore jubilee bridge singapore jubilee bridge

2005年夏に訪れた際はエスプラネード側からマーライオン公園に渡る橋がエスプラネードブリッジのみでしたが、同年にシンガポール独立50周年を記念して完成したジュビリーブリッジ(Jubilee Bridge)により、マーライオン公園までアクセスしやすくなっています。

シンガポール ジュビリーブリッジ シンガポール ジュビリーブリッジ

ワンダーフル Wonder Full

シンガポール ワンダーフルショー

光と水のショー「ワンダーフル(Wonder Full)」をマーライオンパーク側から見た写真です。マーライオンパーク側からだとマリーナベイサンズ側の噴水ショーはほとんど見えず、放たれるレーザー光線が綺麗に見えます。

ワンダーフルの公式サイトを見て驚き!ワンダーフルは2017年4月2日を持って終了し、新しいショー「スペクトラ(SPECTRA)」に生まれ変わりました。
日〜木 20:00、21:00
金・土 20:00、21:00、22:00

マーライオン公園の行き方・アクセス

マーライオン公園はMRT最寄り駅という最寄り駅がありませんが、Raffles Place駅(Eastwest Line、Northsouth Line)から徒歩9分、Esplanade駅(Circle Line)から徒歩9分。南側のワンフラトン前にはタクシーの乗降場や路線バスのバス停もあります。

まとめ

marinabay nightview

シンガポールにはマーライオンのある観光スポットが他エリアにもあります。下記の記事もあわせてどうぞ。

シンガポール マーライオンの歴史 全7体コンプリート・マップ

2017.05.26

セントーサマーライオン(マーライオンタワー)

2017.04.08

マウントフェーバーパーク(シンガポール)

2017.04.06

お読みいただきありがとうございます。気に入った記事がありましたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

シンガポール観光の割引チケット