サンズ スカイパーク(マリーナベイサンズの展望台)

サンズスカイパーク 夜景

マリーナベイの夜景を見るため、マリーナベイサンズの屋上展望台、サンズ スカイパーク(Sands SkyPark)を訪れました。

サンズスカイパークの夜景、チケット料金、行き方をご紹介します。

スポンサーリンク

サンズ スカイパーク(Sands SkyPark)

サンズスカイパーク 展望デッキ

サンズスカイパーク(Sands Skypark)はマリーナベイサンズの57階屋上にある展望デッキです。あまりにも有名な屋上のインフィニティプールはマリーナベイサンズホテル宿泊者のみしか入れませんが、サンズスカイパーク展望台はマリーナベイサンズの宿泊者でなくとも入場できます。

サンズスカイパークには以前、日中の時間帯に一度来たことがありますが、今回は夜景を見たかったので夕暮れ時に訪れてみました。写真は時系列順に並べてます。

サンズスカイパークの夜景

サンズスカイパークから見たガーデンズバイザベイ

シンガポール海峡方面、ガーデンズバイザベイ。

サンズスカイパークから見たクラウドフォレスト・フラワードーム

ガーデンズバイザベイのフラワードーム、クラウドフォレスト。

サンズスカイパークから見たスーパーツリーグローブ

ガーデンズバイザベイのスーパーツリーグローブ。恐怖の吊り橋OCBCスカイウェイ。

サンズスカイパークから見たマリーナバラージ

マリーナベイの水量を安定させるダム、マリーナバラージ。写真でもシンガポール海峡側よりもマリーナベイ側の波が安定しているのが分かります。

5億シンガポールドルの費用で建設されたというアジア最大のクルーズターミナル。

サンズスカイパークから見たシンガポールフライヤー

北側の観覧車、シンガポールフライヤー方面。

東側ガーデンズバイザベイイーストの先にはイーストコーストパークが広がります。イーストコーストパークの左側のビル群はカトン地区です。MRTの新路線トムソン イーストコースト線の建設が急ピッチで進められており、シンガポールの新たな観光地区として注目を集めそうなエリアです。

マリーナベイ北側の高級ホテル群。右からザ リッツカールトン、パンパシフィック、マンダリンオリエンタル、マリーナマンダリン、フェアモント、スイソテルスタンフォード。左側に2つ見えるドリアンのような形状をした建物はエスプラネードシアター。

屋外でマリーナベイサンズを見ながら食事が楽しめるホーカー、マカンストラグラットンズベイ。

シンガポール川に架かるJubilee Bridge。2015年に完成したこの橋により、マリーナベイ北側からマーライオン公園までのアクセス・ルートがかなり短縮され便利になりました。

右手奥の芝生広場はクリケットクラブの練習場。シンガポールはイギリスの占領下にあったため英国を代表するスポーツ クリケットが盛んです。練習場の奥にあるのはナショナルギャラリー。

シンガポール川の上流を見ると、バーやクラブで賑わう繁華街クラークキーが見えます。クラークキーは昼間と夜に訪れた時のギャップがすごいです。シンガポールの夜、最も盛り上がる場所。

マーライオンパークとワンフラトン。奥はライトアップされたフラトンホテル。

サンズスカイパーク 夜景

夕陽が沈み、街の照明に灯りが付いたタイミングこそ、ベストショット!

サンズスカイパークから見たガーデンズバイザベイの夜景

スーパーツリーグローブのナイトショー、OCBCガーデンラプソディが開催されている時の一枚。サンズスカイパークの展望デッキからも何とか音楽が聴こえますが、やはり現地で見る方が綺麗でおすすめです。

サンズ スカイパークのチケット料金・入場料

サンズスカイパーク チケット料金

サンズスカイパークのチケット料金・入場料です。

Adult S$23
Children(2〜12才) S$17
Seniors(65才〜) S$20

サンズ スカイパークの行き方・アクセス

サンズスカイパークのチケット売り場&エレベーターはタワー3(一番北側のタワー)の外側にあります。

サンズスカイパーク 行き方 サンズスカイパーク 行き方 サンズスカイパーク 行き方

エスカレーターを下るとチケット売り場があります。

サンズ スカイパークの営業時間

住所 10 Bayfront Avenue, Level 57, Sands Skypark Tower 3, Singapore 018956
電話番号 +65 6688 8826
営業時間 9:30〜22:00

まとめ

サンズスカイパークはマリーナベイやガーデンズバイザベイを望めます。屋外で屋根がないので天気の良い日に狙ってどうぞ!マリーナベイサンズを含む眺望を見るなら北側のヘリックスブリッジを渡った先にある観覧車シンガポールフライヤーもよいかもしれません。

お読みいただきありがとうございます。気に入った記事がありましたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

シンガポール観光の割引チケット