ウィングスオブタイム(シンガポール セントーサ島のプロジェクションマッピングショー)

ウィングスオブタイム

シンガポールでは屋外のショープログラムがいくつかあります。

今回はセントーサ島のビーチ前で開催される有料の3Dプロジェクションマッピングショー「ウィングスオブタイム(Wings of Time)」を鑑賞しました。

ウィングスオブタイム Wings of Time

セントーサ島のウィングスオブタイム

ウィングスオブタイム(Wings of Time)はセントーサ島のビーチステーション近くで毎夜開催されている、噴水に光を映し出すプロジェクションマッピングショーです。

夜にセントーサ島の南端まで来るのが億劫なのでこれまで後回しにしてきましたが、今回はセントーサマーライオン近くにある「ル メリディアン シンガポール セントーサ」に宿泊していたため、ウィングスオブタイムを鑑賞する運びとなりました。

ウィングスオブタイムの概要

ウィングスオブタイムの概要

現地看板の解説によると「世界で唯一の外洋に常設されたプロジェクションマッピングショー」。
演出には3Dの投影マッピング、最先端のレーザー、巨大な噴水、花火を駆使しています。

ショーは1日2回(19:40、20:40)の開催です。

ウィングスオブタイムのチケット料金・入場料・割引

ウィングスオブタイムのチケット料金表

プレミアムシート(Premium Seats)S$23
ノーマルシート(Normal Seats)S$18

会場後方のプレミアムシートと、前方のノーマルシートで値段が異なります。

上記はウィングスオブタイムの正規のチケット料金です。
下記サイトから割引価格で購入できます。

ウィングスオブタイムの割引チケット

プロジェクションマッピングショー

ウィングスオブタイムの会場

おおまかなストーリーは、レイチェルとフェリックスが古代の鳥といっしょにタイムスリップしながら世界の様々な場所を旅行するというもの。
イギリスの産業革命、シルクロード、ピラミッド、水中、アフリカのサバンナなどを巡ります。

ウィングスオブタイム

ウィングスオブタイム

ウィングスオブタイム

ウィングスオブタイム

ウィングスオブタイム

ウィングスオブタイムの場所・行き方・アクセス

ウィングスオブタイムの最寄駅はセントーサエクスプレスのビーチステーション(Beach Station)駅。

ウィングスオブタイムのチケット売り場

チケット売り場(および事前チケット購入時の引き換え場所)はビーチステーション駅前にあります。

おわりに

ウィングスオブタイム

正直な感想はズバリ…イマイチ。

シンガポール国内では屋外のショープログラムがいくつかあります。
マリーナベイ前のスペクトラ、セントーサ島北岸のロボットダンスは無料。
他方、今回のウィングスオブタイムは有料です。

「マリーナベイ前で毎夜開催される 噴水ショースペクトラ の方が感動する」とともに「東京ディズニーランドのプロジェクションマッピングと比較してしまうとやはり大きく下回っている感」は否めません。
ショープログラムが終了した後の他の観客の反応もそのような印象を抱きました。

割引チケットを購入すればほぼ半額で買えるため、記念程度に見るのならいいかもですが、過度な期待は禁物です。

ただし、ストーリーはスペクトラの方が抽象的で、ウィングスオブタイムの方が分かりやすい。
小さなお子さん連れのファミリーなら、ウィングスオブタイム鑑賞もアリかもしれません。
お子さんは楽しめると思います。

ウィングスオブタイムの割引チケット
ユニバーサルスタジオシンガポール 入り口
ユニバーサルスタジオシンガポール訪問記(USS)
シーアクアリウム サメの海(Shark Seas)
シーアクアリウム水族館(セントーサ島のマリンライフパーク内)
シンガポール・マリーナベイサンズのスペクトラ(レーザーショー) シンガポール観光 旅行記まとめ

<< シンガポール旅行TOPページに戻る