フォートカニングパーク 400年閉ざされた禁断の丘(シンガポール)

フォートカニングのゲート

シンガポールリバー河口の西にある見晴らしのよい丘、フォートカニングパーク(Fort Canning Park)を訪れました。

フォートカニングパーク Fort Canning Park

フォートカニングパーク

今から約200年前、人口わずか200人に過ぎなかったシンガポール。
その頃、イギリス東インド会社のトーマス ラッフルズが、シンガポールリバーの河口に上陸します。

そのラッフルズ上陸地点の西にある、小高い丘。
現在のフォートカニングパーク(Fort Canning Park)です。

イギリスがシンガポールに上陸する以前から、この丘は重要な拠点でした。
14世紀の「Kingdom of Singapura」時代には丘の上に王宮があり、マレー語で「Bukit Larangan=英訳 The Forbidden Hill」と呼ばれ「禁断の丘」を意味していました。
当時の住民は、許可なしで丘の上に上ることが許されていなかったといいます。

フォートカニングパークの地図

フォートカニングパークの地図

イギリスが上陸した当時は丘の上からシンガポール海峡・港を見渡すことができ、「Government Hill」と名付けました。
景色を気に入ったラッフルズは、丘の上に住居を構えます。
(当時の丘から港を見おろす景色を描いた絵を、ナショナルギャラリーシンガポールに多数展示しています。
合わせてご覧になるのもおすすめです)

イギリス時代の1861年には砦を築造し、フォートカニング(Fort Canning)と改名されました。

整備された現在のフォートカニングパークは、マリーナベイ周辺に住まう住民の憩いの場であり、観光客がその歴史を探りに来る観光スポットでもあります。

とはいっても、観光客は煌びやかなマリーナベイ周辺に誘われるためか、公園内には人影は少なく、見かけても西洋人の観光客を見かけるぐらい。
これだけの都心にもかかわらず、静かな雰囲気が漂います。

The 19th Century Walk。
1819年以降、イギリスがシンガポールを植民地とした後に築いた砦や要塞が、数多く残ります。

フォートカニングのゲート

The Gate of Fort Canning

The Gate of Fort Canning。
イギリス植民地時代の1859年から1861年に建てられた、西側のゲートです。

フォートカニングのゲート

フォートカニングのゲート

ホテルフォートカニングのホテル外観

イギリス統治時代に「British Far East Command(英国極東司令部)」の事務所として使われていた建物を修復。
2010年にオープンしたホテル、フォートカニング。

フォートカニングパークの木々の隙間からは、オーチャード方面もよく見えました。

マンダリンオーチャードホテルのクラブラウンジまでよく見えます。

シンガポール フォートカニングパークのバトルボックス

時は第二次世界大戦。
1942年12月8日、「マレー作戦」においてマレー半島北部から進入し南下してきた日本軍は、1942年2月8日にジョホール水道を越えてシンガポールに侵入。

1942年2月15日の朝、フォートカニングの司令部にて降伏を決めた場所、それが「The Battle Box」です。

The Battle Boxは当時の様子を再現した博物館になっており、見学は英語ガイド付きの合同ツアーで予約制。

フォートカニングパーク敷地内のBattle Box Visitor Centreで予約できます。

バトルボックス「戦略と降伏のストーリー」ツアー

The Battle Box Tour

月(祝日を含む):13:30、14:45、16:00
火〜日:9:45、11:00、13:30、14:45、16:00
チケット料金:Adult/S$18、Child(7〜12歳)/S$9

管内では、1942年のシンガポールを舞台とした戦争ボードゲームが販売されていました。

英国マレー軍の司令官だったアーサー・パーシヴァル中将と、日本軍の山下奉文中将が描かれています。

フォートカニングパーク The Old Christian Cemetery

東側の広場の2箇所にあるゴシックゲート。

ジェームズ エドワード フェーバー(James Edward Faber)という人物によって設計されたもので、セントーサ島の北側にある丘マウントフェーバーは彼の名前に由来しています。

内側の広場は、1822年から1865年までキリスト教徒の墓地だった場所。

フォートカニングパークのクーポラ

時計の針を14世紀に戻します。

かつて「Kingdom of Singapura」の王宮があった丘は周辺住民から「Bukit Larangan=英訳 The Forbidden Hill=禁断の丘」を意味しており、周辺住民が立ち入ることはありませんでした。

この話がとかく興味深いのは、約400年の時を経てイギリス人が現れた1819年になっても、現地住民が「許可なしでは丘に登らない」と言っていたという点。
イギリス人が上陸するまでの約400年もの間、「禁断の丘」であり続けたということです。

Kingdom of Singapuraは、1396年に禁断の丘(王宮)を放棄。
1402年に、マラッカ王国の初代スルタン パラメスワラがマラッカに王都を築くと同時に、シンガポールはその重要性を失っていきます。

世界遺産マラッカ オランダ広場
世界遺産マラッカ観光 海上交易の要衝を巡る…

マラッカ王国そのものも1511年にポルトガルに占領され、シンガポールはポルトガル軍に1613年に焼き払われて以来鬱蒼としたジャングルに戻り、歴史の表舞台からその姿を消します。

フォートカニングパークのKeramat

イギリス人が上陸後に森を伐採した際、丘の上からレンガ造りの建物が多数発見されます。

写真は発掘されたRuins of Ancient Singapore(古代シンガポールの遺跡)。
インドネシア語ではkeramatと呼ばれ、それは神聖な場所を意味します。
多くの場合はお墓です。

Kingdom of Singapuraの最後の王スリ・イスカンダール・シャー(Sri Iskandar Shah)のお墓ではないかと言われていますが、確証までは得られていないようです。「Singapura=Lion City」の名付け親でもありKingdom of Singapuraを築いたパレンバンの王子サン・ニラ・ウタマ(Sang Nila Utama)が埋葬されたとの説もあります。

シンガポールのマーライオン 全7体コンプリート&場所

シンガポール伝説の謎は深まるばかりです。

かつてのシンガポール海峡に向かって、睨みを利かせているのは9ポンド砲。

フォートカニングパークのラッフルズハウス

トーマス ラッフルズが住んでいた住居、ラッフルズハウス(Raffles House)。

かつてはシンガポール海峡を見渡せる素晴らしい眺望がありましたが、現在はシンガポールの象徴である金融街のビル群が見えるのみ。

ラッフルズはサマセット公爵夫人に以下のような手紙をあてています。

「この景色よりも素晴らしく美しいものはありません。
マレー王のお墓が近くにあり、もしこの場所で死ぬ運命なら、ベンクーレン(ラッフルズが以前赴任していたスマトラ島の地)で骨を埋めるよりも良いことでしょう」

ラッフルズハウスの前に立つ、フラッグスタッフ。

1825年に建てられた当時は木製で「船の到着を知らせる」重要な役目を担っていました。

日本の植民地下においては、当初日本の国旗が掲げていましたが、連合国の標的になり得るため解体しました。

終戦後再度イギリスの統治下に戻った際には、スチール製のフラッグスタッフを建てたものの、やがて破損。
現在建っているものは、当初建てた木製のフラッグスタッフの形を再現したレプリカです。

ラッフルズの住居からは、シンガポール議会(Parliament Of Singapore)とヴィクトリアシアター(Victoria Theatre & Victoria Concert Hall)、その先にマリーナベイサンズが見えました。

ラッフルズや古代マレーの王が現在のこの景色を見たら、腰を抜かすことでしょう。

フォートカニングパークの場所・行き方・アクセス

フォートカニングパークの最寄駅は、地下鉄MRTシティホール駅(EW13、NS25)、クラーキー駅(NE5)、ブラスバサー駅(Bras Basah)。

ベンクーレン駅(DT21)からも徒歩圏内のため、シンガポールを網羅する地下鉄路線のいずれからもアクセス可能です。

周囲にはプラナカン博物館シンガポール切手博物館があります。

おわりに

(The Battle Boxのツアーに参加しない場合)フォートカニングパークの所要時間は、敷地内を一通り周るのに約2時間。

14世紀にシンガポールを統治していた王様やラッフルズが見おろした港の景色を想像しながら、ゆっくりと散策してみてはいかがでしょうか。

カトン地区のプラナカンハウス シンガポール観光の見どころ 旅行ガイド Singapore Travel Guide

<< シンガポール旅行の目次ページに戻る