シンガポールからジョホールバル1日観光!旅行記・行き方

マレー半島南端に位置し、シンガポールとの国境を背にするマレーシアの都市がジョホールバル(Johor Bahru)。日本人にとっては1997年に行われたサッカーフランスW杯1998最終予選で延長戦でイランを破り本大会出場を決めた「ジョホールバルの歓喜」で知られている町です。今回、シンガポールの中心部からわずか20kmの都市ジョホールバルを訪れました。

観光地以外にも色々突っ込みどころがあるので、旅行記形式(時系列)かつ写真多めでジョホールバル旅の模様をお届けします。

シンガポールと国境を接する町 ジョホールバル Johor Bahru

マレーシアおよびマレー半島最南端に位置する州、ジョホール州。その州都がジョホールバル(Johor Bahru)です。幅員約1kmのジョホール水道を挟み、南側に隣国シンガポールがあります。

第二次世界大戦前、英領マラヤの一部だったジョホール王国と海峡植民地シンガポール。1963年、イギリスの植民地マラヤ連邦・シンガポール、イギリスの保護国ボルネオ島のサバ州とサワラク州を加え「マレーシア連邦」として独立。しかし「マレー人が大部分を占めるマレーシア」と「華人の多いシンガポール」はすれ違い、やがてマレー人と華人の間で死者を出す衝突が発生。1965年、最終的にシンガポールはマレーシアから追い出される形で独立します。

現在ジョホールバルでは「イスカンダル計画(Iskandar Malaysia)」という大規模開発が進行中。アジアを代表する国際金融センターシンガポールからわずか20kmという地の利を活かし「香港 – 深圳」のような相互補完関係を築くべく、急ピッチで不動産開発が進んでいます。

シンガポールからジョホールバルの行き方

国境越えバス・タクシーの乗り場

「シンガポール – ジョホールバル」の国境越えバス・タクシーの乗降場は「アラブストリート」エリアの近く、EastWest Line・Downtown Lineのブギス駅最寄りのQueen Street Terminalにあります。

シンガポール サルタンモスク
アラブストリートとサルタンモスク観光
Queen Street ジョホールバル行きバス乗り場

Queen Street ジョホールバル行きバス乗り場

Queen Streetのジョホールバル行きバスは直通バスが2種類(Causeway Link、SJE)と、路線バスのSBS Transit 170番線です。

  1. Causeway Link(CW)
  2. Singapore – Johore Express(SJE)
  3. 路線バスSBS Transit 170(170)

バスのルート 始バス 終バス 料金(キャッシュ) 料金(Manjalink)
Queen Street – JB 23:45 23:45 S$3.30 S$3.00
JB – Queen Street 4:00 23:00 RM3.40 RM3.10

今回はコーズウェイリンクのバスを利用しました。料金はQueen Street – JBがS$3.30、JB – Queen StreetがRM3.40。SGD/MYR為替レート3.00前後であることを考えた場合、「シンガポール→ジョホールバル」と比較すると「ジョホールバル→シンガポール」行きは3分の1程度の料金で済むことに。

ちなみにLarkin Sental行きの乗り合いタクシー乗り場も隣接しており、運賃は1人あたり片道S$12、1台貸し切ると片道S$48です。

入出国 Immigration

Queen Streetから40分弱でウッドランドにあるシンガポール側のイミグレーションに到着。この後は

  • シンガポール出国審査
  • バス再乗車でジョホールバルへ移動
  • マレーシア入国審査

という流れになります。

再乗車したCWのバスにて、ジョホールバルとシンガポールの間にあるジョホール水道を結ぶ橋Johor Causewayを渡る。ジョホールバルの風景が見えてきました。ジョホールバル側に大きな建物が見えます(後に建物の正体が分かることに…)。

ジョホールバルのマレーシア入国イミグレーションはトータル18レーンあるものの混雑しており、入国までに30分弱並びました。結局、シンガポールのバスターミナルを出発してから入国するまでに要した時間は約2時間(週末は混雑していて移動・出入国審査でトータル3時間以上かかることも)。

マレーシアリンギットの両替所

JBセントラル 両替所

マレーシアの通貨はリンギット。両替所はイミグレ後、JBセントラル、シティスクエアにそれぞれあります。イミグレ後よりもJBセントラルとシティスクエアにある両替所の方が若干為替レートがいいので、両替はそちらで。

JBセントラル周辺

マレーシア入国後にあるマレー鉄道の駅、JBセントラルステーション。マレーシアおよびジョホール州の威信を賭けたプロジェクト「イスカンダル計画の」デベロッパーおよび販社が模型や資料を展示していました。

JBセントラルとシティスクエアを結ぶ橋の上から、南側方面を望む。奥にはシンガポール ウッドランズの高層マンションが見える。その間にジョホール水道を挟み国境があるとは到底思えない。

JBセントラルおよび隣接するショッピングモール シティスクエアは綺麗ですが、一歩外に出るとアジアらしい雑然とした雰囲気です。湿度の高いねっとりとした暑さはシンガポールと何ら変わりません。

地権者との交渉が進まず用地買収できないのか?周囲には2階建ての古屋も見受けられます。

西を見るとインド人街とヒンドゥー寺院、坂の上にはジョホール州の州庁舎。

Kam Long Curry Fish Head(金龍咖喱魚頭)

Kam Long Curry Fish Head(金龍咖喱魚頭)

Jalan Wong Ah Fook沿いにあるフィッシュヘッドカレーのお店、Kam Long Curry Fish Head(金龍咖喱魚頭)。訪れたのは13時頃、20人弱行列ができてました。

英語が通じずマレーシア語や中国語しか話せない店員さんが何人かおり注文に一苦労。1人ならSmall、2人ならMedium、3〜4人ならLargeが適量だと思います。

ジョホールバル フィッシュヘッドカリー

今回注文したのはフィッシュヘッドカレーMedium(RM35)とライスSmall(RM0.60)。魚の頭丸々、湯葉、オクラ、キャベツがグツグツと煮込まれており、大変美味。ココナッツミルクが効いていてマイルドです。

住所 74, Jalan Wong Ah Fook, Bandar Johor Bahru, 80000 Johor Bahru, Johor, Malaysia
電話番号 +60 16-752 8382
営業時間 8:00〜17:00

ジョホール州政府庁舎(Bangunan Sultan Ibrahim)

ジョホール州政府庁舎

Bukit Tinbalanの丘にそびえ立つ、現ジョホール州政府庁舎(Bangunan Sultan Ibrahim)。コロニアル建築でありながら壁面の装飾には馬てい形のアーチ、イスラム建築のデザインが施されていることが確認できます。

建物は1938年に建築開始・1942年に完成したものの日本軍の英領マレー攻略により占領され、つづくシンガポール攻略においては軍の司令室として使われていたとのこと。

シンガポールとの国境(海岸線)沿い

マレーシア側の海岸線からシンガポール側を見るため、海岸線へ向かう。奥に見える建物はシンガポール ウッドランドのイミグレーションです。

Sultan Abu Bakar Monument

海岸線に突如現れるSultan Abu Bakar Monumentというモニュメント。桜やパイナップルを模した構造物・イルミネーションらしきものがあるのですが…、なんとも微妙なスペース。

海岸沿いにデパートのような大きな建物があるので近寄ってみたら…その正体が分かりました。シンガポールとマレーシアを結ぶコーズウェイブリッジから見えた巨大な建物は「廃墟」だったのである!十数年前のオープン時にはたくさんお客さんが集まったのであろう、シンガポールとの国境沿いに廃墟としてそびえ立ちそのまま放置されているとは、いいのかジョホールバル、マレーシア…。

廃墟の奥を見るとジョホール水道に浮かぶ寂れた桟橋JB Water Frontがある。マレーシア連邦から追い出した今やアジア屈指の経済大国シンガポールが対岸に見えるという、なんとも皮肉な構図。

スルタン王宮博物館内はマレーシア軍隊が集まっており、入ることができず。仕方なく、海岸沿いを歩いてモスクを目指す。

途中、歩道がなくなり、落ちたらドブ行きの側溝沿いを進む。すると対向車の赤い車が1台速度を落としてやがて停まり、声をかけてきた。「そこは危ない、反対側は歩道があるからそっちに渡れ!」。表面上はお気遣いありがとうと言いつつも、この交通量じゃ渡れんよ、そもそも国道ならマレーシア政府、州道ならジョホール州に言ってくれ、なぜ途中から歩道がない!と悪態をつきながら側溝沿いを進む。

そのまま10分ほど歩き、あと少しでアブバカールモスクに到着というところで先ほどの赤い車の運転手が再び声をかけてきた。どうやら途中でUターンして戻ってきたらしい。「大変そうだから乗せてやるよ!」と訊いてきた。

今振り返ると不思議ですが、この時は安全なシンガポールに慣れて平和ボケしていたためか?1ミリも疑うことなく乗ってしまいました。過去にローマとドバイでぼったくりタクシーに遭遇しているため、どの国・都市でもタクシーに乗る際は警戒するのですが、観光案内には警戒心ゼロという矛盾。

途中でぼったくり観光案内と気付くも、辺鄙な場所で降ろされるのも面倒なので、それならばと最後まで乗ることに。

スルタン アブ バカール モスク(Sultan Abu Bakar Mosque)

ジョホールバル アブバカールモスク

ジョホールバル アブバカールモスク

ジョホールバル観光最大の見どころ、青い屋根と白い外壁が印象的なアブ バカール モスク(Abu Bakar Mosque)。マレー半島南端に港湾を作りジョホールバルと命名したスルタン、アブ バカールの名を冠しています。1893年に建設開始、8年の時を経て1900年2月2日に完成したマレーシアを代表するモスクのひとつ。

修理で休館中でした。無料ですがモスクでのケバヤの貸し出しはないため服装にはご注意ください。

王立霊廟(Makam Diraja Mahmoodiah)

王立霊廟(Makam Diraja Mahmoodiah)

1895年に建築されたジョホール州のスルタン墓地、王立霊廟(Makam Diraja Mahmoodiah)

ブキット セレネ宮殿(Istana Bukit Serene)

ブキットセレネ宮殿(Istana Bukit Serene)

ブキットセレネ宮殿(Istana Bukit Serene)。ジョホール州スルタンの王宮です。もはやJBセントラルから徒歩移動では来れないエリアに。

Taman Lagunaの海岸

橋を西に渡り、Taman Lagunaというリゾートを抜け、海岸へ。なんだこの場所誰得…と思いつつ「イスカンダル計画で開発中の高層マンション」と「海岸沿いの古屋」という濃淡のある一枚を撮影。

ぼったくり観光案内と口論

約1時間程度車に乗車し、最終的にJBセントラルへ。わたしの中では50リンギット(当時のレートで約1,300円)しか払わないと決めていました。案の定「金を支払え」と言ってきたので、50リンギット札を渡して「サンキュー」と言ったところ「50リンギットでは少なすぎる!250リンギット(約6,500円)だ!遠いところまで案内しただろ!」と言ってくる。

ここで激おこモードに切り替え日本語のみでまくしたてる。最終的に相手が100リンギット(約2,600円)の折衷案を提案してくるも、こちらの答えはNo!50リンギット紙幣のみ渡し、車を下車して立ち去りました。

今回は危なそうな相手じゃなかったのでゴリ押しで何とかなりましたが、お金を支払ってその場を切り抜けた方がいい場合もあるでしょう。そもそも海外で声掛けられた相手を信用しちゃダメですね。ジョホールバル観光をされる方はくれぐれもご注意を!

100リンギットぐらい払ってあげてもよかったかな…とも思いつつ、気を取り直してJBセントラル周辺のスポットだけ見てシンガポールへ帰ります。

柔怫古廟(Johor Old Chinese Temple )

JBセントラル近くの中国寺院、柔怫古廟(Johor Old Chinese Temple)。入場無料。

スリ ラジャカリアマン グラス寺院(Arulmigu Sri Rajakaliamman Glass Temple)

辺鄙な場所にあるヒンドゥー寺院(Arulmigu Sri Rajakaliamman Glass Temple)。入場料10リンギット。

おわりに

ジョホールバル滞在は約5時間弱。正直な感想としては、シンガポールから無理して観光で行くような場所ではないと思います。マレーシア政府観光局もジョホール州も観光客誘致に注力してるとはとても思えません。唯一の救いはフィッシュヘッドカレーが美味しかったことか。

「マレー鉄道縦断旅」の旅プランのひとつとして、あるいは島国日本では馴染みのない「陸路による国境超え」を気軽にできる体験としてはよいかもしれません。

加えて、「イスカンダル計画」によりジョホールバルの街並みがどのぐらい変わるか?プロジェクトは成功するのか?という点に着目し、10年後あたりにジョホールバルを再訪して今昔を比較してみたら面白そうだなと思います。

世界遺産マラッカ オランダ広場
世界遺産マラッカ観光 海上交易の要衝を巡る…
ペナン島 ブランコのグラフィティアート
ペナン島ジョージタウン観光(マレーシア)
プトラジャヤ ピンクモスクの夜景(ライトアップ)
プトラジャヤ観光 バラ色花崗岩のピンクモスクほか、行き方まで(マレーシア)