シンガポール セントーサ島のケーブルカー

セントーサ島 ケーブルカー

シンガポール島のマウントフェーバー、ハーバーフロントからセントーサ島を結ぶロープウェイ、シンガポールケーブルカー(Singapore Cable Car)に乗りました。

シンガポールケーブルカーのルートマップやチケット料金、眺望を写真と動画を交えてご紹介します。

スポンサーリンク

シンガポール ケーブルカー(Singapore Cable Car)

シンガポール ケーブルカー

シンガポール本島とセントーサ島の上空を結ぶシンガポールケーブルカー(Singapore Cable Car)

「ケーブルカー」というと山の斜面を登る香港島のピークトラムのような形状を想像してしまいますが、日本人の感覚からいうと「ロープウェイ」という単語の方がしっくりきます。

ケーブルカーのルートマップ

セントーサ島ケーブルカー ルートマップ

※クリックで拡大します

シンガポールケーブルカーは

  • Mount Faber Line(マウントフェーバーライン)
  • Sentosa Line(セントーサライン)

の2路線。

シンガポール島からセントーサ島を南北に結ぶ路線がMount Faber Line、セントーサ島内で東西に通る路線がSentosa Lineです。

ケーブルカーのチケット料金

ケーブルカーのチケットは、Mount Faber Line・Sentosa Line2路線のセットチケットと、それぞれ1路線のチケットの販売があります。いずれもRound Trip(往復)のみで片道のチケットはありません。

チケット種類(往復) 大人 子供
Mount Faber Line + Sentosa Line S$33 S$22
Mount Faber Line S$29 S$18
Sentosa Line S$13 S$8

ケーブルカーのチケットは楽天グループのVoyaginで格安購入できます。現地窓口で購入するよりもお得で、当日スマホから購入可能、プリントいらず。

【40%off】 シンガポールケーブルカーの割引チケット|Voyagin

Mount Faber Line

ケーブルカー フェーバーピーク駅

Mount Faber Lineのルートは「Mount Faber Station → Harbourfront Station → Sentosa Station」。

今回はハーバーフロントからマウントフェーバーの山を登り、山頂にあるMount Faber Stationからケーブルカーに乗りました。小さなマーライオン像もあるマウントフェーバーパークについてはこちらの記事をどうぞ。

セントーサ島ケーブルカー マウントフェーバーライン セントーサ島 ケーブルカー

Mount Faber StationからHarbourfront Stationへ。マウントフェーバーの鬱蒼とした緑の上と高速道路の上を通りスリル満点です。

セントーサ島 ケーブルカー

Harbourfront Stationからセントーサ島側のSentosa Stationを目指します。左手にユニバーサルスタジオシンガポールやセントーサマーライオン像が近づいてきました。

真下にアドベンチャーコーブウォーターパーク。

エクアリアスホテルとリゾートワールドセントーサのビーチヴィラホテル。奥にはコンテナ埠頭のキリンが見えます。

セントーサ島側のSentosa Stationに到着。正面に見える建造物は回転しながら上昇する展望タワー タイガースカイタワーです。

Sentosa Line

セントーサケーブルカー セントーサライン

お次はセントーサ島を東西に結ぶSentosa Line。

高さや眺望はMount Faber Lineに劣りますが、タイミング次第では真下をジップラインが通ったりすることも。

ケーブルカーの営業時間

営業時間 8:45〜22:00(最終搭乗21:30)
チケット最終販売 21:15

まとめ

セントーサ島を訪れるための移動手段としてみた場合は金額がかなり高めですが、+アトラクションとして捉えればタイガースカイタワーマーライオンタワーと比較してもそんなに高くないのかも?

シンガポール本島南端のマウントフェーバーに登った場合は一気にセントーサ島へ移動するのに便利です。

お読みいただきありがとうございます。気に入った記事がありましたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

シンガポール観光の割引チケット