タイガースカイタワー(シンガポール セントーサ島)360℃パノラマの眺望

タイガースカイタワー

シンガポール セントーサ島にある360℃パノラマの展望台、タイガースカイタワー(Tiger Sky Tower)を訪れました。

タイガースカイタワーのチケット料金や写真・動画を交えて眺望をご紹介します。

スポンサーリンク

タイガースカイタワー(Tiger Sky Tower)

タイガースカイタワー セントーサ島

タイガースカイタワー(Tiger Sky Tower)はセントーサ島のインビアマウンテンにある高さ131mの展望台です。セントーサ島で最も高い場所から望む360℃パノラマの眺望が待っています。

タイガースカイタワーはその名の通り、シンガポールを代表するビア「タイガービール」がスポンサーです。

大きな窓の付いた展望台は円柱の周囲を360℃回転しながら上昇するため、パノラマビューが楽しめます。

タワーの麓ではタイガービールの販売も。S$12と高めですが乾杯!

タイガースカイタワーのチケット料金・入場料

大人 S$18
子供 S$10

【17%off】 タイガースカイタワーの割引チケット|Voyagin

タイガースカイタワーの360℃眺望

タイガースカイタワーの眺望

北東側。左側はケーブルカーの始発駅のあるマウントフェーバーやVivo City、右側奥にはマリーナベイエリア、右手手前にはコンテナ埠頭を望みます。

マリーナベイの高層ビル・ホテル群。実はビルの右側にガーデンズバイザベイのドームやスーパーツリーグローブが見えるんです(逆にガーデンズバイザベイのOCBCスカイウェイからもタイガースカイタワーを確認することができました)。

東側の眺望。左手にユニバーサルスタジオシンガポール、右側にセントーサマーライオン。右奥の島はセントジョン島。

南側はセントーサエクスプレスの終着駅ビーチステーション、その先にはシンガポール海峡を望みます。左奥の小島はシスターズ島。

南西側はシロソビーチ。

セントーサ島ケーブルカーSentosa LineのSiloso Station方面です。

西側にはインビア山の鬱蒼とした緑。日本では見られない野生の鳥が生息しておりバードウォッチングも楽しいです。

マダムタッソー蝋人形館。

アドベンチャーコーヴウォーターパーク。

タイガースカイタワーの行き方・アクセス

タイガーススカイタワーはセントーサケーブルカーのMount Faber Line「Sentosa Station」の目の前にあります。Sentosa Lineの「Imbiah Lookout Station」から歩いても3分程度です。

セントーサエクスプレスの場合は「Imbiah Station」で下車し、西側にあるエスカレーターで山を上って約5分程度です。

タイガースカイタワーの営業時間

住所 41 Imbiah Road, Sentosa Island, Singapore 099707
電話番号 +65 6259 9288
営業時間 9:00〜21:00

まとめ

タイガースカイタワー

セントーサ島の展望ポイントは他にもケーブルカーやセントーサマーライオン(37m)、シロソブリッヂ(36m)がありますが、セントーサ島で最も高いタイガースカイタワー(131m)からの眺めは爽快です。

お読みいただきありがとうございます。気に入った記事がありましたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

シンガポール観光の割引チケット