ノボテル シンガポール オン スティーブンス宿泊記|Novotel Singapore On Stevens

ノボテルシンガポールオンスティーブンス

2017年に新規オープンのノボテル シンガポール オン スティーブンス(Novotel Singapore On Stevens)に宿泊しました。

ノボテル シンガポール オン スティーブンス Novotel Singapore On Stevens

ノボテル シンガポール オン スティーブンス(Novotel Singapore On Stevens)はシンガポールのスティーブンス通りにあるアコーホテルズの中級ブランド「ノボテル」シリーズのホテルです。

「オン スティーブンス」と聞いてもピンときませんでしたが、オーチャードの北側にある地下鉄ダウンタウンラインに「スティーブンス駅(Stevens)」という地下鉄駅が実際にあり、ホテルはオーチャードとニュートンとスティーブンスの間という、ズバリやや中途半端な立地です。

中途半端な立地というデメリットを踏まえた分は宿泊価格に反映されており、シンガポールのホテルにしては求めやすい価格帯になっています。

ノボテルシンガポールオンスティーブンス

ちなみに同じアコーホテルズのメルキュールブランドも「メルキュール シンガポール オン スティーブンス」としてオープンしていますが、まさかの敷地がノボテルの隣。

もはや「ノボテルとメルキュール、色んな意味でほぼ同じじゃない?」というツッコミをしたくなってしまうのですが、ノボテルの方がメルキュールよりも一泊あたりの宿泊費が日本円で3,000円弱高いです。

スーペリアルーム ダブル Superior Room Double

今回はアコーホテルズ公式サイトから予約しました。

宿泊料金は合計S$217.74。
貯まっていたアコーの2,000リワードポイントを使用しS$63.74割引、一泊の料金はS$154です。

ノボテル シンガポール オン スティーブンス|Le Club Accor Hotels

ベッドルーム

ノボテルシンガポールオンスティーブンスのお部屋

スーペリアルーム ダブル(Superior Room Double)のお部屋の広さは25㎡。

デスク周りもノボテルらしいモダンな装い。

シンガポールのホテルによく設置されている持ち出し可能なハンディスマホはありませんでした。
今はSIMカードも格安で手に入りますし、実際のところは需要がないのかもしれませんね。

ベッド脇のソファ。
ソファの前にあるテーブルが金属製のため、小さなお子さん連れだと結構怖いかもしれません。

ベッドの両脇にあるサイドテーブルにはそれぞれ日本のプラグ(A型)にも対応のコンセントが配されています。

バスルーム

ノボテルシンガポールオンスティーブンス バスルーム

綺麗で清潔なバスルーム。
バスタブはなく、シャワーのみです。

アメニティ

ノボテルシンガポールオンスティーブンスのアメニティ

ミニバー

プール

ノボテルシンガポールオンスティーブンスのプール

ノボテルシンガポールオンスティーブンスのプール

プールはレストランのある2階のテラスに。

眺望は良くありませんが、一応インフィニティプール風でかつ綺麗なので記念作りに泳ぐのはアリかもしれません。

朝食

ノボテルシンガポールオンスティーブンス 朝食

ノボテルシンガポールオンスティーブンス 朝食

朝食は2階の「FOOD EXCHANGE」にて。
洋食メニューからカレー、点心、麺類まで一通り揃います。

今回は二泊したのですが、三日目の朝食に向かうと行列ができており、並んでいる人全員まさかのメルキュールの朝食会場まで運ばれるという珍事も。
土日の10時前後は混み合うので朝食を食べる場合はお早めにお食事されることをおすすめします。

ノボテル シンガポール オン スティーブンスの場所・行き方・アクセス

ノボテルシンガポールオンスティーブンスの場所は冒頭に書きました通り「オーチャードとニュートンとスティーブンスの間」という中途半端な立地です。

ホテルから地下鉄MRT駅までの駅徒歩分数は以下の通り。

DownTown Line 「Stevens駅(DT10)」徒歩14分
DownTown Line 「Newton駅(DT11)」徒歩18分
NorthSouth Line 「Orchard駅(NS22)」徒歩19分

ただし、2021年に開通予定のトムソンイーストコーストライン(Thomson-East Coast Line)が開通すると、Napier駅(TE12)が最寄り駅となり、格段に便利になりそうです。

開通するとオーチャード、マックスウェル、ガーデンズバイザベイ、マリンパレード(カトン地区)に乗り換えなし直通で行けるようになります。
それを見越してのホテル新規開業ということなのでしょう。

マンダリンオーチャードホテルのタクシー乗り場からノボテルシンガポールオンスティーブンスまでタクシー移動した際の料金はS$11.3。

UBERでホテルからニュートン駅まで移動した際の料金は日中でS$4.72、夜間の混雑時間帯でS$10.20でした。

ホテルの南側に面するStevens Roadにはバス停留所があり、オーチャード駅前まで直通で行けます。

感想・総評

新規オープンということもあってか、ほんの少しぎこちなさを感じるというだけで、スタッフの方々の一生懸命さが伝わり、すごくいい印象のホテルでした。

MRTの新路線が開業するまでは駅まで遠い分、観光の拠点にするのはやや不便な印象。
当面の間は、同じアコーホテルズでも同価格帯のメルキュールシンガポールブギスの方が観光に便利なホテルといえます。

住所:28 Stevens Road, #01-01, Singapore, 257878
電話番号:+60 6491 6100
チェックイン:14:00〜
チェックアウト:〜12:00

シンガポールのアコーホテルズ一覧をチェック|AccorHotels公式

SOソフィテルシンガポール
ソー ソフィテル シンガポール宿泊記|SO Sofitel Singapore
ノボテルシンガポールクラークキー
ノボテル シンガポール クラークキー宿泊記|Novotel Singapore Clarke Quay
メルキュールシンガポールブギス ロフトルーム
メルキュール シンガポール ブギス宿泊記|Mercure Singapore Bugis
シンガポールで実際に宿泊したおすすめホテル

<< シンガポールのホテルのページに戻る
<< シンガポール旅行TOPページに戻る