シンガポール セントーサ島の行き方まとめ

シンガポール本島からセントーサ島への行き方を写真を交えてまとめます。

セントーサ島の行き方・アクセス方法

MEMO
紫 = MRTハーバーフロント駅
赤 = セントーサボードウォーク
青 = セントーサエクスプレス
緑 = シンガポールケーブルカー「マウントフェーバーライン」
橙 = シンガポールケーブルカー「セントーサライン」
茶 = マウントフェーバートレイル

シンガポール本島からセントーサ島へのアクセス方法は6種類。

  1. セントーサエクスプレス(モノレール)
  2. セントーサボードウォーク(徒歩)
  3. シンガポールケーブルカー(ロープウェー)
  4. バスRWS8
  5. タクシー(またはGrab)
  6. 路線バス123番線

セントーサエクスプレス Sentosa Express

セントーサエクスプレス Sentosa Express

料金S$4
営業時間月〜木:7:00〜22:00
金〜日:7:00〜翌0:00
運行間隔4〜8分間隔

セントーサエクスプレス(Sentosa Express)はVivo CityのL3にあるSentosa StationからBeach Stationまでを結ぶモノレールです。

リゾートワールドセントーサやビーチにもアクセスしやすく、セントーサ島へ渡る移動手段の中で最もポピュラーな移動手段といえます。

Sentosa StationVivoCity
Waterfront Stationユニバーサルスタジオシンガポールシーアクアリウム、アドベンチャーコーヴ、クレーンダンス
Imbiah Stationセントーサマーライオンタイガースカイタワーセントーサ島ケーブルカー
Beach Stationウィングスオブタイム、ビーチトラム

セントーサボードウォーク Sentosa BoardWalk

セントーサボードウォーク Sentosa Boardwalk

料金S$1
営業時間24時間(チケット売り場9:00〜22:00、動く歩道7:00〜翌0:00)

Vivo CityのL1からセントーサ島を結ぶ歩道橋セントーサボードウォーク(Sentosa BoardWalk)

「島へ渡る」と言うととんでもなく長い距離を想像してしまいますが、橋の長さは600mもなく「動く歩道」もあるので、天気のよい日は歩いてみるのもありだと思います。

料金はS$1ですが、2015年夏・2017年春に訪れた際いずれも改札は解放されて無料でした。

ユニバーサルスタジオシンガポールの閉園後はセントーサエクスプレス(モノレール)の駅が大混雑する場合があります。
夜風を浴びながらセントーサボードウォークを渡りシンガポール本島へ戻るプランもよいと思います。

シンガポールケーブルカー Singapore Cable Car

セントーサ島 ケーブルカー

料金2路線S$33(子供S$22)、Mount Faber LineのみS$29(子供S$18)、Sentosa LineのみS$13(子供S$8)
営業時間8:45〜22:00(チケット最終販売21:15)

シンガポールケーブルカー(Singapore Cable Car)はシンガポール本島の山マウントフェーバーからハーバーフロント、インビア山を結ぶロープウェイです。
単純に移動手段というよりはシンガポールとセントーサ島の眺望を楽しめるアトラクションとしての意味合いが強いです。

実際に乗った時の写真や動画は下記記事に掲載してます。

セントーサ島 ケーブルカー
シンガポール セントーサ島のケーブルカー

Mount Faber Lineの始発駅マウントフェーバー駅までの行き方は下記記事にまとめてます。
日本人があまり訪れない第3のマーライオン像もあるのでお時間がある方はぜひ。

マウントフェーバーのマーライオン像
マウントフェーバーパーク(シンガポール)

バス RWS8

セントーサ島 RWS8

バス RWS8はHarbourfront駅C出口近くからリゾートワールドセントーサ(USS、シーアクアリウム)を結ぶ直通バスです。
料金はワンコイン。

料金S$1
営業時間6:00〜23:30
運行間隔5〜15分間隔

タクシー(またはGrab)

タクシーや自動車配車アプリGrabでアクセスも可能。

タクシーやGrabの場合、セントーサ島への入島料(曜日や時間帯による。S$2〜6)が別途かかります。
セントーサ島のホテル宿泊者の場合、ゲートで予約確認書を見せれば無料になります。

路線バス123番線

シンガポールの路線バス123番線

Beach Station前のバス停から発着する路線バス123番線。

ハーバーフロント駅 Harbourfront Station

ハーバーフロント駅までのアクセス

セントーサ島の入り口となる地下鉄MRT駅はHarbourfront Station(NorthEast Line 、Circle Line)
ドービーゴートやチャイナタウンでNorthEast Lineに乗り換えるのが一般的です。

シンガポール MRTの乗り方
シンガポールMRT地下鉄 路線図・ツーリストパス・ez-Linkカードまとめ

ハーバーフロント駅の目の前にある大型ショッピングセンターVivo Cityまではサンテックシティやマリーナベイサンズからも直通の「路線バス」が出ています。
慣れてしまえばバスの方が楽です。

シンガポール 路線バス
シンガポールの路線バスの乗り方と料金。移動に便利!

ハーバーフロント駅の周辺マップ

ハーバーフロント駅からマウントフェーバー 地図

ハーバーフロント駅のマップ(※クリックで拡大します)

セントーサエクスプレス乗り場までの行き方

セントーサエクスプレス Sentosa StationE出口 Vivo CIty L3
セントーサボードウォークE出口 Vivo CIty L3
シンガポールケーブルカー Harbourfront StationB出口
マウントフェーバートレイル→シンガポールケーブルカー Mount Faber StationD出口
バスRWS8C出口

セントーサ島内の交通

セントーサ島内の交通は先述のセントーサエクスプレス、シンガポールケーブルカーの他にもあり、

  • セントーサビーチトラム(Sentosa Beach Tram)
  • バスA
  • バスB

セントーサビーチトラム Sentosa Beach Tram

セントーサビーチトラム

セントーサビーチトラムはビーチ沿いを走るトラム。
西のシロソビーチから東のタンジョンビーチまで結びます。

料金無料
営業時間日〜金:9:00〜22:30(最終ビーチステーション22:00出発)
土:9:00〜翌0:00(最終ビーチステーション23:30出発)
運行間隔10分間隔
セントーサビーチトラムの路線図

バスA

セントーサ島バスAの路線図

セントーサ島バスAの路線図(※クリックで拡大します)

バスB

セントーサ島バスBの路線図

セントーサ島バスBの路線図(※クリックで拡大します)

セントーサ島の行き方一覧表

セントーサ島の行き方一覧表(※クリックで拡大します)

ユニバーサルスタジオシンガポール 入り口
ユニバーサルスタジオシンガポール訪問記(USS)
シーアクアリウム サメの海(Shark Seas)
シーアクアリウム水族館(セントーサ島のマリンライフパーク内)
タイガースカイタワー
タイガースカイタワー(シンガポール セントーサ島)360℃パノラマの眺望
シンガポール・マリーナベイサンズのスペクトラ(レーザーショー) シンガポール観光 旅行記まとめ

<< シンガポール旅行TOPページに戻る